消費者金融の在職確認は必ず受けなきゃいけないと思うんですが、いつどうやってするものですか?

会社に確認するっていうので緊張しちゃうので、どんなタイミングで在職確認するのか、どんな感じでされるのか教えてください。

消費者金融の在職確認は勤務先への電話確認です

消費者金融を申し込むときにどこで働いているのかを記入します。年収も書きますが、勤め先と年収は嘘をつかれてしまったらその人の信用度をちゃんと判断することはできませんし、返済能力にも関わってきます。ですから、勤め先に嘘の記載がないかを確認するために行うのが在籍確認なのです。在籍確認は勤め先に電話をして申し込み者がいるのかを確認するという方法で行われます。

在籍確認は審査のタイミングで行われることがほとんどです。申し込みをしたその日に行われることも多いんですね。即日融資を可能としているような消費者金融の場合は、在籍確認は申し込み後すぐに行われます。ただ、必ず申し込み者が電話に出て応対しなければいけないというわけでもありません。休んでいても、席にいなくても、そのような人間は当社に在籍していません、という回答にならなければOKなのです。

消費者金融から電話が来るなら勤め先の人に知られたくないから自分が応対したい、かかってくる時間が知りたい、という人もいるかもしれませんね。消費者金融を申し込んだときに在籍確認を何時にしてほしい、と依頼することも出来なくはありませんがそれに対応するかどうかは消費者金融次第です。ですが、在籍確認をするときには消費者金融の○○ですが、という名乗り方ではなくて、○○ですがと個人名でかけてくれます。簡単に消費者金融からの電話だとは気づかれませんので安心してください。

【参考ページはこちら】
在籍確認なしの消費者金融を知りたい!

消費者金融の在職確認、知っておくと便利な情報教えます

急な冠婚葬祭や病気などで、突然まとまったお金が必要になることはよくあります。給料日前などは特にお金がないので困ってしまいます。日ごろから貯金をしていれば問題ないですが、貯金がまったくない人は、他人からお金を借りるしかありません。しかし、他人に頭を下げてまで、お金を借りたくないとう人は、金融機関などからキャッシングするのがいいでしょう。

金融機関からキャッシングできるカードを一枚もっているだけで、いざという時でも安心できます。キャッシングの申し込みをするには、安定した収入があれば、主婦やアルバイト、パートでも申し込めます。金融機関を選ぶ時は、できるだけ自分が借りやすい金融機関を選ぶことが大事です。

どうしても急いでお金が必要な時は、銀行にキャッシングを申し込むよりは、消費者金融を選ぶ方がいいでしょう。消費者金融なら審査が早く、即日キャッシングも可能な業者も多いです。キャッシングの申し込みには、どこの金融機関でも審査が必ずあります。この審査に通らなければお金を借りることはできません。

銀行は審査に厳しいので、ハードルの高い審査に通る自身がない人は、消費者金融に申し込むといいです。審査は貸したお金をちゃんと返済できるかを重視するので、収入が多いことよりも、勤続年数が長い方が審査に通りやすいです。転職ばかりしている人や、勤めて半年以内の人は、審査に落ちることもあります。できるだけ半年以上勤めてから申し込むようにした方がいいでしょう。

審査には、勤務先への在職確認というものが必ずあります。勤務先に電話をかけてきて在職確認するわけですが、消費者金融の会社名などは名乗らずに、担当者の名前で電話をするので、キャッシングがばれることはありません。本人が外出中で電話にでられなくても、本人が働いていることが確認されれば、在職確認は終了となります。

どうしても勤務先に電話をかけてきてほしくない人は、社員証や給与明細書などを提出して、在職確認の代わりにする消費者金融もあります。