消費者金融の限度額って審査で決まると思うんですけど、まずは年収で限度額の上限が決まっちゃうって聞きました。どういうことですか?

年収が高ければ限度額も大きいのかなとは思いますが、年収がいくらなら最高この金額しかダメって具体的に決められてるものなんでしょうか。

消費者金融の限度額は総量規制が大きく関わります

消費者金融の利用限度額は審査によって決まるというのは間違いありません。審査の結果信用できるということなら希望通りの限度額になるでしょう。反対に、審査の結果多少不安がある、信用できないということになれば審査に落ちてしまうか希望より低い限度額になってしまうのです。ただ、いくら信用できるという結果になっても年収によって借りることができる上限額が法律で定められています。これが総量規制です。
(⇒消費者記入の限度額上限に関するおすすめ記事

総量規制は自分の収入かに対して多すぎるお金を借りた人が返済に苦しむことを避けるために設けられた規制です。年収の3分の1を上限としなさい、としているんですね。年収によって限度額が決まるというのはこの為です。

ですが、最初の審査でこの総量規制ギリギリまで限度額設定をしてくれる消費者金融はほとんどありません。それは、実際貸してみないとちゃんと返済してくれるか分からないため、そしてもし限度額が不足していた場合は借り入れ限度額が利用状況に応じて増額することができるためですね。

最初の限度額が少なくてもちゃんと返済実績を積んでいけば限度額は増額することができます。もちろん増額申請時には審査を受ける必要はありますが、最大で総量規制分までの増額が可能となっているんですね。総量規制を越える金額の借り入れを希望するなら銀行は総量規制対象外ですから銀行のキャッシングを検討してみましょう。

消費者金融の年収と限度額について知っておきましょう

消費者金融は、他の貸し金業者に比べると、審査から融資までのスピードが速いため利用をしたいという方が多いです。

安定した収入のある会社員や自営業者の方は、問題なく利用できますが、アルバイトやパートの方でも一定の審査基準を満たしていると融資を受けることができます。(こちらもご参考に→消費者金融を利用している職業はどんな人?

アルバイトやパートの方は、年収が150万円から200万円以下の方が多くなっています。

消費者金融では、年収の3分の1を超える金額は融資を受けることが出来ませんが、雇用状態が安定しており、勤続年数も一定期間を過ぎていると、年収が150万円の方は、50万円まで融資を受けることができます。

審査によっては、年収の3分の1以下の融資になる場合もあるので、注意をするようにして下さい。

消費者金融は、銀行に比べると審査に受かりやすくなっていますが、確実に債務を返済してくれる人に貸し付けを行っているため、必ず審査を受けなくてはなりません。

安定した収入のある会社員は、貸し金業者の信頼が高いため、利用限度額が大きくなる傾向があります。

長期間の勤務をしている方や、持ち家や固定電話を持たれている方は、賃貸物件で生活をしている人に比べると生活費の負担が少ないので、審査に通りやすくなっています。

年収や勤続年数によっても、利用限度額が違ってくるため、仕事を持たれている主婦や学生の場合は、利用限度額が低くなる傾向があります。

消費者金融では、限度額の範囲であれば返済の途中でも、お金が必要になった時は融資を何度も受けることができます。

比較的少額の融資の場合は、返済が滞ることは少ないですが、長期の借り入れの場合は返済計画をきちんと立てておきましょう。

パソコンやスマートフォンから、毎月の支払い額や限度額が確認できるので、計画的な利用をする必要があります。

きちんと毎月返済できる人であれば消費者金融のカードローンは大変便利なので、上手に活用するようにして下さい。

急にお金が必要になった時は、24時間対応してもらえるので安心です。

【参考ページはこちら】
公務員が優遇される消費者金融あるってマジ?