消費者金融の審査で在籍確認をしてほしくないんですけど、在籍確認無しってところないですか?

消費者金融から会社に電話って気まずいし何か嫌なのでないところがあれば良いんですが。

消費者金融の在籍確認は簡単に終わります

消費者金融から会社に電話があることを快く思わない人は多いですね。消費者金融の利用は誰にも知られたくないと考える人が多いですし、社会的な地位や世間体を考えるなら会社の人には絶対知られたくないかもしれません。

在籍確認は消費者金融が会社に電話をするというものです。会社に電話をして、申し込んだ人がちゃんと働いているのかどうかを確認します。会社名を偽って申告する人がいないかどうか確かめるためです。会社名を偽ることで消費者金融にどんなリスクがあるのか、まずは緊急時に連絡を取ることができないというものがあります。

緊急時というのは返済が滞っている場合などですね。まず本人の安否確認を、ということにもなりますから、本人と連絡を取ることができる手段は確保しておきたいのです。自宅や携帯電話が繋がらないときに会社に連絡を取るしかなくなりますから、会社を偽られてしまうとと本人と連絡を取る手段が失われてしまうかもしれません。

また、給料を得る先である会社の信用を確認する目的もあります。今にも倒産しそうな会社であれば給料をもらうことができなくなって返済できなくなってしまうかもしれないですからね。会社への在籍確認は必須だと覚悟しておきましょう。

ただ、会社へ消費者金融だと名乗って電話をしませんからそこは心配しなくて大丈夫ですね。担当者個人名を名乗ってくれますから、会社に消費者金融の利用申し込みが簡単には知られないということはお伝えしておきます。

【参考ページはこちら】
消費者金融から会社に電話が来るのはどんなとき?

在籍確認無しで消費者金融で借り入れができる?

カードローンは便利です。ピンチの際、カードさえあれば提携のATMなどで簡単に融資を受けられるためです。消費者金融や銀行などで、はじめてカードローンをする場合、審査に通らなければなりません。それぞれの金融機関の条件を満たす必要があるのです。年齢や住まい、そして年収など様々の審査項目がありますが、審査機関によってその定義が異なるので、具体的に何がどうであれば審査に通ると明言はできません。

消費者金融などで融資を受けるには、返済能力の有無が問われます。金融機関はボランティアでお金を貸しているわけではありません。借りたお金に利息を添えて返してもらってはじめて営業ができるのです。(こちらもご参考に→消費者金融の法定利息はいくら?

そこで、返済能力の有無を測るのに、今の仕事とその勤続年数などが問われるのです。基本的に質問への答えは自己申告になるのですが、それが本当であるか確かめるため、職場に在籍確認の電話が入ることになります。

ただ、その際に「金融会社の者ですが」などとは言ってこないので心配はいりません。個人名でかけてくれるので、よほど勘のいい人でない限り、在籍確認とは気付かれないので大丈夫です。それでも、事務の方など、長く務めている人には、気付かれることがあります。そんなこともあって、在籍確認無しで審査に通る方法はないのかと、模索をしている人も意外と多いようです。

消費者金融やその商品によっても異なりますが、上限金額が低いものであるなら、在籍確認がなくてもオーケーな場合があるようです。ただ、その場合はその会社に勤めていることが証明できるようなもの、例えば社員証とかタイムカードなどが必要になるなど、その他の煩雑な手続きが発生します。

また、消費者金融でカードローンを組んだとしても、きちんと返せば全く問題はないので、在籍確認と勘付かれたとしても特段問題はありません。それでも、無い方がいいというなら、無くても大丈夫な金融商品も販売されているので、探してみるのがいいでしょう。