小規模消費者金融を利用するメリットって何かあるんですか?なんか安心して使うなら大手だって思うんですけど、小規模小規模金融も結構多く残ってますよね。

やっぱり何かしらメリットがあるんだろうなって感じてはいるんですけど、具体的にどんなことがありますか?

小規模消費者金融は審査にと降りやすいメリットがある

消費者金融は大手、中堅、小規模と分けることができます。大手だと知名度もあり全国に支店を置いていて多くの利用者がいますよね。テレビCMを全国で流しているのも大手です。中堅になるとその地元ではある程度知名度があり、ホームページも比較的しっかり作られているでしょうか。ローカルでテレビやラジオCMを流していることもあります。

小規模消費者金融になると知名度はグッと下がり、昔からその地域にはあるけれどネットで情報を得ようと思ってもなかなか出てこない、地元に根差した営業をしているところだと言えるでしょう。情報が少ない分、利用申し込みをすることに抵抗がある人もいるでしょうが、小規模消費者金融の最大のメリットは大手、中堅よりも審査に通りやすいという点です。(こちらもご参考に→中小優良消費者金融を教えて!

小規模消費者金融は対面での申し込み、審査をすることも少なくありません。ネットや郵送、電話で申し込みができることは魅力的ですが、それだと申し込み情報を数字のデータでしか判断することができません。年収、現在の借金額などですね。この情報は数字だけで見て機械的に篩にかけられてしまうこともあります。人がチェックする前に審査落ちが決まってしまう場合があるのです。

しかし、最初から対面で話を聞いて審査をすれば数字だけで見ればこうだけど、プラスの要因が確認できるかもしれませんよね。近々収入が上がることが決まっている、今ある借金の完済見込みはあるなどですね。小規模消費者金融は金利が高く直接申し込みをしないといけないというデメリットがある一方で、他社で断られても利用できる可能性があるというメリットがあるのです。

【参考ページはこちら】
人気の消費者金融会社はここ!

審査に落ちた人にも希望があるのが小規模消費者金融

一般的にお金を金融業者から借りる場合は、なるべく大手の銀行系の業者や、大手のテレビでコマーシャルを放映しているような業者にまずは頼むというのが普通の流れではないでしょうか。なぜなら便利なサービスが付随していたり、信用度が高かったりするからです。

この信用度というのは人はお金を借りる立場であっても、貸してくれる相手に対して不安を持つものなのです。それは潜在的に取り立ての怖さのようなものをテレビなどの影響で知っているからかもしれません。

しかし、上記のような大手の金融会社のデメリットはなんと言ってもその審査の厳しさです。審査がゆるいといわれている大手の消費者金融会社でも、さすがに破産歴があったり、滞納歴があるようないわゆるブラックに近い人、もしくはブラックな人にはなかなか審査を通さないものです。
(⇒消費者金融のメリット・デメリット

そういったなかなか審査に通してもらえない人を通すのが小規模消費者金融会社です。こういった業者にはまず知名度が無いので、信用なども低いです。つまり普通に営業をしていたのでは大手に太刀打ちができません。そういった状況の中で、こういった小規模消費者金融がその価値を発揮している一つがその審査基準の低さではないでしょうか。

小規模消費者金融は審査は低いので、ブラックの人でも審査に通り、お金を貸してもらえる可能性があります。しかし、誰にでも無条件に貸してくれるというわけでもありません。当然最低限の収入のめどは必要になりますし、それなりの必要書類も提示しなければなりませんし、限度額もそれほど高額な金額は無理かもしれません。

しかし、過去に悪い履歴がある人でもお金が必要で、今回はきちんと返すつもりだという人も多いのです。そういった人に手を差し伸べているという貴重な存在なのが小規模消費者金融です。しかし知名度が低い分、違法な金利でお金を貸す闇金と間違えないようにネットなどできちんと調べてから申し込みをすることをお勧めします。