フリーランスで消費者金融を利用することは難しいって聞きました。それはどうしてでしょうか。

フリーランスだってちゃんと働いていて収入があれば特に問題ないような気もしますが、フリーランスっていうだけで差別されているという事なのでしょうか。

フリーランスでも定収があれば消費者金融の利用は可能

フリーランスということは特定の勤務先に属していない状態を指します。この状態でも収入がないわけではなく、毎月何らかの収入を得ている場合が多いでしょう。その収入が安定しているのであれば、消費者金融を利用できる可能性はあります。ただ、消費者金融がフリーランスの人に積極的に融資をするかというと少し違ってきますね。

フリーという事は、今の収入が安定していたとしてもその職業形態が不安定であることは間違いありません。消費者金融の審査で有利になるのは、収入が安定していることに加えて勤務先が安定している人です。今の収入をこれからも安定して受け取ることが出来る保証があるという事が重要なんですね。フリーランスはその保証がないのです。

フリーランスで収入があるということで、収入証明書を提出する必要がある場合があります。収入証明書は課税証明書や確定申告書を提出することになりますから、急いでいて即日融資を希望するなら事前に準備しておく必要があります。(こちらもご参考に→即日融資をしたいならこちらもチェック!

もし審査に通っても必要書類が提出できなければ契約することが出来ないためですね。フリーランスということで審査に通ったとしても最初の限度額は低くなってしまうことが予想されますが、限度額は利用実績が積み重なってくれば総量規制の範囲内で増額することは可能です。

増額申請時にも審査がありますが、きちんと返済していれば特に問題ないでしょう。ですが、自身の収入に見合った借り入れ限度額になるという事になりますから、身の丈に合った借り入れをするようにしましょう。

フリーランスも消費者金融で融資を受けることが出来ます

インターネットが登場してからフリーランスで仕事をするスタイルの人が爆発的に増えました。これまでフリーランスといえば、カメラマンやアーティスト関連などある意味特殊な業種に限定されていたかもしれません。しかし、インターネット関連の業務が自宅で出来るということや、その需要の多さという意味で、仕事という形態自体に新しいジャンルを生んだようなものです。

しかし、このフリーランスというはスタイリッシュな言葉で表現されているものの、実態的には自営業です。同じフリーランスの人でも安定して多くの利益を稼いでいる人もいれば、まだ日が浅く、黒字自体が微々たる状況の人もいるでしょう。

そして、フリーランスのデメリットの一つがその日本ではまだ信用というものが確立していない点でしょう。今の日本の現状では、昔と変わらず公務員やサラリーマンが堅実というイメージを持っており、たとえば消費者金融の審査などでもそのイメージは持ち込まれます。
(⇒公務員が優遇される消費者金融はどこ?

サラリーマンとフリーの人のその収入自体が同じ場合でも、サラリーマンの方が審査に通って、フリーの人が落ちるという事は実際にありえます。しかし、フリーの人も審査に通る金融機関はあるので、そこまで深刻な状況ではありません。

大手の銀行系などのローンの審査は最難関なので可能性は低いですが、大手の消費者金融であれば、審査通過の可能性は高いでしょう。さらに過去の収入を証明できるようなものがあればなお信用を得られ、選択の幅も広がります。

フリーで働く人にとって、お金というのものはサラリーマンのそれと違って、運用資金でもあります。生活するだけのお金があればいいという状況ではないので、よりお金が必要という場面は実際に多いのです。今後ますますインターネットが社会に浸透するにしたがってフリーの働き方も珍しいものではなくなってくるかもしれません。それに応じて金融の世界も今後変化をしてくる可能性も否めません。