消費者金融は申し込むときに安定した収入が無きゃダメって書いてますけど、就職して給料もらうようになれば大丈夫ですか?それとも就職してすぐだと厳しいですか?

今度就職が決まったので消費者金融申し込めるかなって思ってたんですけど、どうなんですかね?

消費者金融を利用するなら1年以上の勤続年数は欲しい

消費者金融を利用するため、審査を通過するためには勤続年数は大切なポイントになってきます。収入があることは大切なのですが、その収入が安定しているかどうかは勤続年数で判断する部分も大きいのです。就職してすぐは給料をもらうことはできるかもしれませんが、ずっと働き続けることが出来るのかは分かりませんよね。

数年働いてきていれば、それだけ勤務先で必要だとされている、今の収入が安定したものであるという事が言えるので、最低でも1年以上の勤続年数は欲しいところなのです。ですから、就職してすぐ消費者金融を申し込んでも審査で落ちてしまう可能性もあります。

必ず審査に落ちるという事ではありませんが、就職してすぐに消費者金融を申し込むというよりは、就職前にバイトやパート、内職等長く続けていて収入を得ているものがあれば、就職前で今の収入源を絶つ前に消費者金融を申し込んでおくという事も方法の1つです。長く続けていればパートでもバイトでも収入が安定しているという判断になって、消費者金融の審査では有利になる事があります。

必ずしも正社員が審査で有利になるという事にはなりませんから、申し込みのタイミングも考えてみる必要があるかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
消費者金融はどんな職業の人でも利用できる?

就職したてで給料日を待てない場合の消費者金融

就職が内定し、働き始めたものの給料日まではまだまだ先。という状況は現代の転職が盛んな状況では一般レベルでも多く起こりえることでしょう。しかも転職というのは、それだけで結構な出費があるものです。新しくスーツやバッグを新調したり、さらには多くの企業を訪問すれば交通費や外食代などもばかになりません。運良く希望の仕事に就けたものの、そのときには財布の中身がさびしい状態で、新しい職場の人との飲みにも参加しづらい状況というのはなんともさびしいものです。

一般的に消費者金融などでの審査の基準として、勤続年数は収入と同じくらい重要視されるポイントです。勤務してからまだ一ヶ月経ってない状況というのは審査においてはとても不利な状況で、多くのケースで審査落ちしてしまうことでしょう。しかし、消費者金融業者の中には、就職内定者でも融資をしてくれるところは実際に存在します。

たとえば勤続年数が短いという人にもいろいろ種類があります。過去にお金を借りたことの無いようなクリーンな人であれば、審査に通過できる可能性は高くなるでしょうし、勤続年数が短くとも社会的にかなり信用のおける会社、または業種であれば、より高い可能性で審査も通るでしょう。

そういった情報はインターネットで検索をするというのが最も手っ取り早い方法でしょう。審査がゆるい金融会社というのはいろいろありますが、実例としてどういった状況で通ったかというのが重要なポイントになります。単に勤続年数が短いということであれば、何もブラックなわけではないのですから、極端に審査があまい業者を選ぶ必要もありません。同じ審査の甘さでも度合いや得意分野があったりするものです。

就職したてでお金を借りるという事は決して悪い面ばかりではありません。今後その仕事に対する熱意というのは借金の有無で、がんばり具合が変わってくるかもしれないからです。返済の必要性が仕事の熱意に直結し、かえって評価が高まるというのは決して冗談ではなくありえることなのです。