消費者金融を申し込むときに使う必要書類について教えてください。必要書類っていうことは申し込むときに無きゃいけないんですよね?それとも審査に通った後でも大丈夫ですか?

必要書類が準備に時間がかかるっていう感じなら先に準備して申し込みをしようかなと思ってます。

消費者金融申し込み時には身分証明書と収入証明書が必要

消費者金融申し込みをするとき、提出しなければいけない書類というものがあります。申込書や契約書はもちろんですが、申し込み者の身分を証明するもの、そして収入を証明するものが必要になる事もあるのです。身分証明書はどの消費者金融を利用するときも必ず必要となります。運転免許証やパスポートがあれば良いですが、健康保険証でもOKというところは多いですね。

もし現住所と身分証明書に記載された住所が異なる場合はそれを証明する書類の提出が必要になる事もあります。例えば、公共料金のお知らせや住民票などですね。公共料金のお知らせは保管していない人も多いでしょうから、もし現住所と身分証明書が異なる場合は住民票を入手しておくことをオススメします。

収入証明書は源泉徴収票や確定申告書が一般的ですが、課税証明書や住民税の納付通知書などでもOKです。場合によっては給与明細書で対応してくれる場合もありますが、この場合は連続した数か月分と直近の賞与明細も必要になってくることもありますので用意しなければいけない書類枚数が多くなるかもしれませんね。

給与明細はしっかり保管しておくようにしておいた方が良いでしょう。課税証明書は役所に行けば簡単に入手することが出来ますので、自分の準備しやすいものを準備するようにしておくと良いでしょう。

【参考ページはこちら】
嘘の情報で申込みしたら消費者金融にバレる?

消費者金融に借入申請する際に欠かせない必要書類は何か

日常の暮らしの中ではいつどんなタイミングで急な出費に見舞われるか分かりません。病気や事故で入院生活を余儀なくされる場合もあるでしょうし、急に帰省するための費用が必要になったり、冠婚葬祭などでご祝儀や香典などを捻出しなければならないケースもよくあります。

そういった時にどうしてもお金が不足してしまったならば、親や友人にお金の無心を頼むよりもまず、消費者金融の借り入れローンを利用すると便利です。これらは何よりも自己責任のもとで契約ができますし、担保や保証人を用意する必要もありません。

とりわけカードローンやキャッシングといった借り入れ方法は契約手続きも簡単で、なおかつ融資スピードが速いのも特徴的。これを用いれば、今日や明日にでもお金が必要な時でも余裕を持って対処することが可能です。

これらの借り入れを活用するにはまず然るべき申し込みから始めなければなりません。カードローンはネットや電話、自動契約機などから、キャッシングは主に電話やネットで申し込みます。その際には申請フォームに氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを記載した上で、身分証明書や年収証明書などの必要書類を提示しなければなりません。(こちらもご参考に→消費者金融と年収の関係についてオススメ記事

本人確認書類としては運転免許証や健康保険証、パスポートがこれにあたります。もしも外国籍をお持ちの方であれば外国人登録書や在留カード、特別永住者証明書などの提示も必要です。また年収証明書としては源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などがこれにあたります。どちらも審査の際に提示を求められることとなりますが、その際にはコピーを郵送でしたり、ファックスで送ったり、あるいは自動契約機にてスキャンする場合もあります。

そして最近特に一般化しているのが自分のスマートフォンの写真機能で各種書類を撮影し、その画像データを送信するという方法です。または消費者金融によっては専用アプリを使って簡単に画像データを送信したり、アップロードできるものもありますので、確認してみることをお勧めします。