消費者金融が職場に電話をすることはあるか知りたいです。職場は人が多くはないので自分が電話に出れるかもしれませんが、消費者金融からの電話があったって知られたら気まずくなります。

職場に電話してくるなら日時指定ができるのか、あとはどういうときに電話してくるか教えてください。

消費者金融は審査時に職場に電話確認を行います

消費者金融が職場に電話をする状況は2つ考えられます。1つは審査時に在籍確認を行う場合です。職場に電話をして申し込んだ人がちゃんとその職場で働いてるのかを確認することが目的ですね。消費者金融の審査では大手企業に勤めていると有利になることがあります。だからといって職場を嘘ついて申告しても、在籍確認で簡単にばれてしまうんですね。

職場に電話をするもう1つの理由は、本人と連絡を取るためです。基本的には個人の携帯電話や自宅電話に連絡をしてくるようになっていますが、どんなに電話をしても繋がらない、本人と話をすることができない場合は職場に電話をすることがあるんですね。もしかしたら事故にあったり病気になったりしてるかもしれませんから、返済が遅れている場合は本人の安否確認を行うという目的もあるんです。

在籍確認で消費者金融が職場に電話をしてくる時間は指定できる場合もありますが、多くの場合知らないうちに電話がかかってきているようです。ただ、消費者金融という社名を言うことはありませんし、個人的な電話という体で担当社名のみを伝える場合がほとんどです。消費者金融の利用申し込みをしたということは簡単にばれる心配はありませんよ。

【参考ページはこちら】
消費者金融の利用が会社にバレるのが嫌だ!

消費者金融の借入審査では職場に電話することで在籍確認を行う

毎日の暮らしにおいて急なタイミングで思いがけない出費が降って湧いてくることは少なくありません。そのような時に財布の中身や銀行の預金残高がどうしても不足してしまったならば、消費者金融が提供する借り入れローンを活用するととても便利です。

このような借り入れローンには様々な手法がありますが、その中でも代表的なものを挙げるならばカードローンとキャッシングに集約されるでしょう。カードローンとは一枚の個人カードを発行して常に持ち歩くことによって、もしもお金の必要性に迫られることがあれば近くのATMに駆けつけるだけで簡単に融資金を引き出すことができます。

一方のキャッシングは電話やネットで気軽に融資を申し込むことによって、原則として即日中に銀行の預金口座へ希望額を振り込んでもらえます。いずれの借り入れ方法も手続きは簡単ですし、融資速度も実にスピーディー。それゆえ今日や明日にでもお金が必要な場合にでも充分に余裕を持って対応することが可能です。

ただし、これらの借り入れローンを活用するには消費者金融の担当者に夜審査をクリアしなければなりません。まずは申請時に氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを記載して申し込みますが、これらをもとに審査担当者は当人の返済能力や経済力をつぶさに算出し、借りた分をきちんと返済できる人間かどうかを確かめます。

続いて信用機関へ問い合わせることで過去の借り入れに問題がなかったかどうかをチェック。もしも返済不能になったり、返済が遅れたりしている場合にはブラックリストという形で、今後の一切の借り入れが難しくなります。(こちらもご参考に→アレックスはブラック対応の消費者金融?

審査はこれだけでは終わりません。さらに職場に電話することで、当人が本当に記載どおりの職場で働いているのかどうかを確認します。これを在籍確認と呼びます。この時にはたとえ誰か別の社員が電話に出ても全く構いません。その対応から申請者本人がきちんと在籍していることが分かればそれはもう十分となります。

また在籍確認の折には担当者が消費者金融名を名乗ることや借金契約について個人情報を漏らすことはありません。あくまで個人名で電話することになりますので、借金に関してバレる心配はいっさいありません。その点は安心して良いでしょう。