新卒なんですけど消費者金融からお金を借りることってできますか?消費者金融って働いてればお金貸してくれるんですよね?

それとも新卒じゃお金貸してくれないんでしょうか?

消費者金融を利用するなら1年以上の勤続年数が必要

消費者金融は安定した収入があれば利用できるとなっています。ただ収入があるだけで良ければ新卒で採用後すぐに利用することも可能かもしれません。ですが、安定した収入というのは1・2ヶ月収入を得た程度では言うことができないものです。最低1年は働いて、毎月収入を得ることができると言えるようにしておきたいのです。

実際消費者金融を申し込むとき、審査に通る目安として言われているのが勤続年数1年というものですね。本当は長い方が有利ですから3年以上は欲しいところですが、1年あれば審査で大きく不利になるようなことはないでしょう。急いでお金を借りなければいけない時はとりあえず申し込んで審査結果を待つことになりますが、新卒すぐの申し込みではなかなか厳しいようですね。

ただ、就職前にアルバイトをしているのであれば、そのアルバイトをしているときに消費者金融の契約をしておくことができます。契約さえしてしまえば使う、使わないは自由なので、必要になるまで触らなければ良いのです。

アルバイトでも長く続けているのであれば、就職してすぐ審査を受けるより審査に通る可能性は高くなるのです。毎月一定の収入があれば働き方はアルバイトでも構わないという消費者金融がほとんどですから、先に申し込み、契約だけ済ませておくというのも検討してみてはどうでしょうか。

【参考ページはこちら】
就職して給料もらってれば消費者金融使える?

新卒でも簡単に借りることができる消費者金融の活用法

カードローンやキャッシングといった消費者金融商品が庶民の身近な存在になってきました。大手金融機関が訴求力の高いテレビCMやインターネット広告などを発信し続けているのが大きな要因の一つですが、消費者金融自体が持っている利便性やメリットに関して認識が高まっていることも要因の一つと言えます。

社会人一年目の新卒学生や、パートの主婦など、経済的には不安定な方々でも借りることができるのがカードローンやキャッシングの最大の特徴です。一般のローンや融資を得るには様々な審査が行われます。時間も長くかかりますし、個人情報の提供や第三者の保証人をあげる必要があるなど、融資までには煩雑な手続きに追われることになります。
(⇒消費者金融を利用しているのはどんな職業の人?

しかし、消費者金融を活用すればそのような煩雑な事務手続きはほとんど必要とされません。インターネットなどを活用し、審査を最短で行えば即日融資も可能なのです。急な出費や、突然の支出に対してもすぐに対応することができますので、新卒学生にとっては心強いサービスと言えます。

消費者金融には以前はとてもネガティブなイメージがついて回りました。闇金融やサラ金などと混同され、多重債務などのマイナスな印象を抱く方も多くいると思われます。しかし、カードローンやキャッシングはとても安心で安全な金融商品であると言えます。何故なら、これらの金融商品を提供している金融機関は大手の一部上場企業ばかりだからです。

彼らは企業ブランドの信頼を守る事にとても神経を使っています。ブランドに対する信頼と信用がなければ、これらの金融商品を展開することができないことを彼らはよく知っているのです。また、昨今ではコンプライアンスが非常に厳しく求められていますので、違法な金利や、不当な貸し付けは絶対に行われないのです。

新卒でもすぐに借りることができるのは魅力ですが、利用時には計画性は重要です。リスクを抑えるために少額の融資から始めたり、返済期間を短く設定したりすることをお勧めします。