日雇いで働いて生活してるんですが消費者金融って日雇い労働者でも利用することにできますか?

一応毎月それなりに収入があるんですけど審査って日雇いには厳しいんですかね?

日雇いで審査に通るためには収入の安定具合が重要

日雇いというのは、指定された職場で仕事をしてその日当をもらうという働き方ですね。どこかに登録をして仕事があれば派遣されるといったスタイルをとっている人もいるでしょうが、求人誌などに現地集合での求人が載っていて、採用されればそのまま働きに出るというものもあります。単発での仕事で次の仕事や収入が保証されているわけではないため、安定した収入があるということにはなりにくいんですね。

日雇いというのは今日の仕事があっても明日の仕事はないかもしれません。どうしても消費者金融を利用したいのであれば、少なくとも日雇いではなく派遣社員といった雇用形態になっておいた方がよいですね。

派遣社員であれば職に就いている扱いになりますし派遣先が決まれば安定した収入を得ることが可能になります。今の日雇いより審査に通る可能性は高まりますが、派遣社員として収入を得なければ申し込み時の年収記入ができないでしょうから、ある程度の期間働いてからの申し込みになってしまいますね。

消費者金融は正社員で申し込むのが審査に通る可能性も高まりますが、アルバイトやパートでも利用することは可能です。どこかに雇用されている状態で収入を得れば、限度額は少なくてもお金を借りることができるかもしれませんよ。

【参考ページはこちら】
様々な職業の方におすすめの消費者金融情報

日雇い労働者でも借りれる消費者金融について

日雇労働者として消費者金融機関からお金を借りることはできるのでしょうか?こんな質問をされる方もおられるかもしれません。その答えは、条件付きで可能であるといえます。というのは、金融業者によって日雇い労働者でも利用を認めるところもあれば、そうじゃないところもあるからです。

また日雇い労働者を受け入れるところでも、一定の審査基準を満たせなければやはり利用はできません。

ではまず、日雇い労働者の利用も受け入れる業者とはどんなところでしょう?これは中小の消費者金融会社であるといえます。大手の消費者金融でも受け入れるところはありますが、中小に比べれば少ないといえるでしょう。したがって大手で審査に通過できない日雇労働者は、中小の金融業者を当たってみることができます。

さて、日雇労働者の利用を認める業者でも、一定の審査基準を満たす必要はあります。その審査基準とは、本人の返済能力です。返済能力があると判断されれば審査は通過できますが、返済能力がないと判断されれば審査通過は難しくなります。

審査項目となるのは、本人の返済能力に関わるさまざまな属性です。属性は今の属性と過去の属性がありますが、今の属性は収入、勤務先、年齢、家族構成、居住形態、他社借入件数などです。過去の属性とは、主に過去の金融事故履歴です。最も重要な項目は、収入、他社借入件数、過去の金融事故情報となります。

収入返済能力を知るための重要な基準となりますが、収入額が多いだけではなく、収入の安定性も求められます。収入の安定性が分かるのは勤務先の規模ですが、勤務先の規模が大きければ大きいほど審査は有利になります。

他社借入件数は、もちろん少ないほどに審査が有利となりますが、多いと審査が不利になるどころか利用困難になることもあります。

過去の金融事故情報は個人信用情報機関を通じてチェックされます。自己破産、強制解約、債務整理などの金融事故履歴があると、やはり利用困難になる場合があります。