地方の中小消費者金融はどういうところがあるのか知りたいんですが、簡単に知る方法ってないですか?

中小消費者金融一覧みたいのがあれば分かりやすいって思ったんですけど、そんなのないでしょうか?

消費者金融は貸金業登録データベースで一覧可能

消費者金融は必ず貸金業登録をしています。そして、貸金業登録をした消費者金融は金融庁のホームページにあるリストに記載されますから、そのリストを見れば日本全国にある貸金業登録を確認することができるのです。PDFファイルで一からチェックするのは大変かもしれませんが、ここに記載されていない消費者金融があるとすればそれは未承認の違法業者ですね。
(⇒消費者金融の中でも人気の業者はどこ?

PDFファイルでの確認が大変だというのであれば、同じく金融庁のホームページにある貸金業登録データベースをチェックしてみましょう。貸金業登録データベースは社名や登録番号などから会社の住所や代表者、電話番号といった基本情報を閲覧することができるものです。電話番号から社名を検索することもできますね。

この貸金業登録データベースは、詳細検索をクリックすると本社所在地から検索することも可能です。東京など都道府県を選択することで、そこに登録されている消費者金融が全て表示されます。3つまで都道府県を選択することができますから、確認したい地域の貸金業者を簡単にチェックすることができますよ。ただ、大手消費者金融や信販会社など貸金業登録をしているところが全て表示されてしまうことにはなりますので、そこは注意してください。

【参考ページはこちら】
マイナーな消費者金融を利用するメリット

インターネット上にある中小消費者金融地方一覧を活用しましょう

消費者金融は、個人向けに小口貸付を行っている貸金業者のことです。一般のイメージとしては、個人に対して無担保かつ保証人無しでの融資事業を中心としている貸金業者というものですが、実際には有担保による小口貸付を行っていたり、保証人を必要とする業者もあるため、その事業形態は多種多様です。そのため、お金を借りる全てのことは貸付に対する契約で定められるので、借りるさいには十分に返済に関することを決めておく必要があります。

消費者金融を含む、すべての貸金業に共通することとして、貸金業を営む場合には貸金業法により行政に登録をする必要があることです。2つ以上の都道府県の区域内に営業所や事務所を設置する場合には、内閣総理大臣(財務局長)の、1つの都道府県の場合には都道府県知事の登録を受ける必要があり、無登録で営業している業者はいわゆる闇金と呼ばれ違法行為となり処罰の対象となります。貸金業登録は、インターネット上で簡単に調べることができます。

消費者金融は、全国展開をしている大手消費者金融から、地域を拠点にしている中小消費者金融までさまざまで全国で数万社が存在していると言われています。

貸金業では、利息制限法に基いて貸し付けた金額に対して利息を取ることができますが、いわゆるグレーゾーン金利が違法として、過払い金返還や、改正貸金業法による収入に対して3分の1に制限する総量規制などが導入されたため、かなりの消費者金融会社が廃業、または営業を停止して、その数が減っています。また大手消費者金融もその事業形態を銀行の合弁会社である銀行系消費者金融が中心になりつつあり、誰もが気軽にお金を借りられる要件が厳しくなってきています。

一方で、中小の消費者金融の場合には、従来通りの審査や貸出を行っているところもあり比較的、審査が通りやすい傾向にあります。そのためインターネット上にある中小消費者金融地方一覧を参考にすると会社を探し出すことができます。(こちらもご参考に→無名で低金利の消費者金融と大手消費者金融、どっちがいい?