消費者金融を使うとき借入上限額がいくらになるかっていうのは事前にわかりますか?

自分が希望する金額が大丈夫なのか知りたいんです。申し込んでダメだってなったらちょっと困るので…。何か方法ありませんか?

消費者金融の利用限度額は総量規制の範囲内で決まる

消費者金融を利用できるようになった人は、いつでも好きな金額を借りることができるわけではありません。借り入れできる利用限度額というのが決まっているので、その範囲内で利用することになるのです。つまり、利用限度額が多ければその分借り入れできる金額が多くなるんですね。

希望する借り入れ限度額になれば良いですが、借り入れ限度額というのは申し込み者それぞれの信用度で決められるため、不安要素があれば借り入れ限度額は低くなってしまうんですね。申し込んでみたけど利用可能額が思ったよりだいぶ低かったということになれば困るでしょう。だからこそ、自分がいくら利用できるか、申し込み前に知りたいと思うかもしれません。

借り入れ限度額がいくらになるかは申し込んでみなければ分かりません。各消費者金融それぞれで基準が違いますからね。ですが、どこの消費者金融でも設定できる上限金額は決まっています。それは総量規制という法律で年収の3分の1までしか限度額の設定ができないとなっているためです。つまり、総量規制での上限がその人の利用可能上限額となるのです。

しかし、総量規制の金額はあくまでもマックスになりますから、最初からこの金額になることはありません。低い金額が限度額として設定され、それでも不足するということであれば増額申請をすることができるようになっています。

【参考ページはこちら】
消費者金融の上限に関するおすすめ記事はこちら

消費者金融の借入上限額はどのような基準なのか

一般的にできるなら借りたくはない、借りたら返済できずに破産してしまう、といったそれ自体が悪いイメージを持たれている消費者金融ですが全てが悪いといったわけではありません。深く考えずに悪徳業者から借りてしまうと法外な利息などで返済に追われ、厳しい取り立てにあい破産してしまうことも考えられます。

確かにお金が急に必要な時には焦ってしまい、審査が緩く即時現金を貸してくれるという基準で借りる業者を選んでしまいがちです。ですが極端に審査が緩かったりする業者の場合、悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。消費者金融を利用する場合は有名な大手業者で借りる事をお勧めします。
(⇒人気の消費者金融会社をおしえて!

TVコマーシャルなどで有名な大手業者の場合世間の評判や信用の問題がありますので、法外な利息などの悪徳業者のような仕事はできませんし、犯罪とされるような取り立てをすることもできないでしょう。多重債務者の増加が財政の圧迫に繋がり法整備も進みました。

その中の一つに借入上限額が年収の三分の一と決められた法律があります。年収300万円の人が、一つの消費者金融会社で借入上限額が100万円、別の消費者金融の上限が100万円だとしても二つの会社から合計200万円を借りる事基本的にできなくなっています。お金を借りようとしている人の年収の三分の一までしか借りれないようになっているのです。

年収の三分の一を上限とすることによって返済能力の限界をこえた借入をできなくしています。この法律により破産するような借入を不可能にしているのです。これでは足りないといって貸してくれる業者を探し安易に契約しないようにしましょう。年収の三分の一は法で決められていることなので貸してもらえるのは法律外の業者という可能性が高いのです。

大手の消費者金融は、このように無理な貸し付けができない仕組みになっていてネットの普及などによりスピーディーな融資、返済が可能になっています。急にお金が必要になった場合は、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。
(⇒中小消費者金融のキャッシングってどう?