消費者金融って利息が決まってますけど法定利息って上限はいくらになってますか?法定利息より低い利息にしなきゃいけませんよね?

自分が利用したい金額だと利息がどのくらいになるのか、その目安が知りたいんです。

貸金業法で定められた法定利息は上限20.0%

法定利息は貸金業法改正によって以前より下げられています。利用者にとって使いやすくなったと言えますね。現在の法定利息は、利用限度額・貸し付け金額が10万円未満の場合は20%、10万円から100万円未満なら18%、100万円を超える場合は15%となっています。この法定利息を超えた設定をしないようにしなければいけないのです。
(⇒消費者金融の法定金利ってどれくらい?

この法定利息の範囲内であれば消費者金融は自由に利息を設定することができます。多くの消費者金融は、審査を行って信用がある人は利息を低く、多少リスクがある人は利息を高く設定する傾向がありますから、同じ限度額の人でも利息は違うということは珍しくありません。収入が高い、勤続年数が長い、勤務先が安定しているなどの条件で信用が決まりますから、審査結果次第によるということです。

法定利息の上限ギリギリになっている消費者金融もありますが、そういう消費者金融は審査が甘く他社に断られたような人でも利用できるようになっています。全ての人が利用できる消費者金融というのはありませんが、利息が高いからダメ、低いから良いというわけではありません。

それぞれの消費者金融に利用するメリットとデメリットがありますので、色々な面をチェックして納得できるところを利用し、計画的な借り入れをするようにしましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の法定利率、何%か知ってる?

消費者金融法定利息上限とはいくらぐらいなのか

消費者金融とは、消費者の信用を担保として小口融資のサービスを提供する企業のことです。消費者金融は基本的にお金を貸すとき、担保や保証人を必要としません。そのかわり利用者の信用を担保としてお金を融資します。即日融資が基本ですので、申し込みをしたその日に現金を手にすることができます。(こちらもご参考に→即日融資を受けたい方におすすめ記事

元々は利用者の大半がサラリーマンでしたが、最近は利用者層の幅が広がっています。サラリーマンはもちろんのこと、自営業者やOL、主婦などの利用が増えてきました。利用者はおよそ1455万人ほどいます。20才以上の人口が1億500万人ですから、7人に1人の割り合いで利用している計算になります。

とくに20代の利用者が多く、30代40代はもちろんのこと、60代の利用者も少なくありません。安定した収入があれば利用できます。ひと昔前は、圧倒的に男性の利用者が多かったのですが、最近はレディースローンなども増えてきていることもあり、女性の利用者も増加しています。男:女の割り合いが、大体7:3~6:4ぐらいになっています。

そんな消費者金融ですが、お金を貸すのですから当然利息が発生します。かつてはグレーゾーン金利といったものがあったりしましたが、今はクリーンになってきています。消費者金融法定利息上限以上の利息を設定するところはありません。なぜなら2007年に改正貸金業法が設立され、上限金利の引き下げが行われ、グレーゾーン金利の廃止が決められたからです。

このグレーゾーン金利の廃止とは、出資法の上限を利息制限法の上限と同じとするものです。ですから消費者金融の上限金利は、18パーセントとなっています。これより低めに設定しているところは沢山ありますが、これ以上に金利を上げているところはありません。

上限金利がきちんと設定されているので安心して利用することができます。また様々なサービスも展開されており、一定期間であれば無利息で利用できる消費者金融もあります。