例えば消費者金融って契約者の代わりに借りるってできますか?契約してるのが兄弟とか親とかで、その兄弟や子供が代わりに借りるみたいな事なんですけど。

別にばれなかったら大丈夫ですかね?カードと暗証番号があれば利用出来るし、利用目的は自由だから特に問題もないかなって思うんですけど。

消費者金融のローンカードを第三者が使用するのはNGです

消費者金融を契約して発行してもらったローンカードというのは、契約者を信用して発行されたものです。審査においても契約者の信用情報や収入から利用限度額を決めていますから、契約者のみが利用できるというのが基本ですね。

確かに、ローンカードは暗証番号とカードさえあれば自由に利用することは出来ますし、第三者が契約者が認識しているかどうかに関わらず利用することは可能ではあります。ですが、第三者が利用することに対しての責任は契約者が追わなければならず、ローンカードを発行した消費者金融が責任を負う事はありません。

つまりどういうことか、利用した分の金額については契約者が必ず返済しなければいけないという事です。この分を利用したのは私ではありません、と消費者金融に訴えたとしてもそれは消費者金融が関することではありません。消費者金融としては、契約者が利用したかどうか、利用していないかどうかを確かめるすべはありませんからね。

万が一盗難等の騒ぎになったとしても、まずは契約者が返済することが基本であって、あとは被害届を出して警察や弁護士とのやり取りになってきます。消費者金融は第三者利用が発覚した時点で利用を停止する権限は持ちますが、確認が難しいですよね。

第三者がローンカードを利用するという事は、契約者にとってもリスクがあるという事は覚悟しておきましょう。そのリスクを承知した上で、自己責任においてローンカードの貸与を検討、という事になるでしょうが、基本的にはNG行為であるという事は知っておきましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関する様々なQ&A集はこちら

消費者金融で親が子供の代わりに借りることはできますか?

消費者金融において、親が子供の代わりに借りることはできるのでしょうか?これは結論からいえば、可能であるといえます。消費者金融から親が子供の代わりに借りる状況というのは、子供が未成年者である場合です。未成年者の場合は、本人だけでは融資が受けられませんので、親が代わりに借りるしか方法はありません。

ただし、代わりに借りるといっても、ただ親が申込みをすればそれでよいというわけではありません。金融業者ごとに利用審査が行われ、その審査に通過しなければ利用することはできません。まず、親の同意が必要であることはいうまでもありません。そして、収入状況を中心とした親の属性がチェックされます。

消費者金融の審査で重視される基準は返済能力ですが、そうした基準に関わる属性が見られることになります。とりわけ、4つのポイントを挙げることができます。それは、現在の収入状況、勤務先の規模、他社借入件数、過去の金融事故情報です。

現在の収入状況は、収入証明書類、勤務先への在籍確認などの方法で行われます。勤務先の規模は、大きければ大きいほど審査を有利にし、収入の安定性があるとみなされるようになります。他社借入件数と過去の金融事故情報は、個人信用情報機関を通じてチェックがなされます。親の属性がこうした審査基準を満たすことによって、初めて子供の代わりに借りることが可能になります。

したがって、親の同意が得られるだけでは子供はお金を借りることはできません。親の属性が審査基準を満たすことが大切なのです。このポイントをぜひ覚えておくようにしましょう。

そして、消費者金融を利用する際は、金利が高くて利便性がよいことに注意しておきましょう。金利が高いと、それだけ返済負担が苦しくなることを意味します。したがって、利用の前に十分に返済計画を立てておかなければなりません。

また、利便性がいいことについても、気軽に借りやすい消費者金融だけについつい借り過ぎてしまう危険性があります。そうした事態を招いてしまわないように注意することも必要です。
(⇒人気の消費者金融会社の情報をチェック!