わたしは、年収は悪くないのですが、車のローンの借り入れをしようと思い、消費者金融のカードローンの申し込みをしました。他社の中堅消費者金融で10万円ほど借り入れがあったのですが、申告せずにいたら審査に通りませんでした。これは借り入れがバレたということでしょうか。

借り入れの事実があれば絶対に申告しなければなりません

他社の消費者金融からの借り入れがある場合は必ず申告しなければなりません。虚偽の申告をして訴訟に発展するケースもあるので、注意が必要です。全ての消費者金融では借り入れをすると、契約内容や返済、支払い状況、利用残高などの取引事実が信用情報機関に登録されるので、過去の借り入れは全て把握されます。

審査では年収が多いことに越した事はありませんが、月々の収入が大きく変動していたりすると、審査は厳しくなります。また収入の3分の1以上の借り入れはできないので、収入に見合った金額での申し込みが重要になります。

中堅の消費者金融は、大手に比べると審査が甘く、借り入れがし易いというメリットがありますが、金利が2ポイントほど高くなるので、10万円程度の借り入れであれば、大手の銀行系の消費者金融に申し込んだ方が、無利息期間のサービスや特典がもらえるなど、便利な商品が多くあるのでお得です。

銀行系の消費者金融が増えた2010年以降、借り入れの申し込みはネットが主流になってきました。個人情報や信用情報の詳細を入力しなければなりませんが、提出書類は身分証明書だけなので、非常にスピーディーな借り入れが可能です。

【参考ページはこちら】
複数のカードローンを持っていることは審査でバレる?

中堅消費者金融と、既に借り入れありの場合と

消費者金融などでキャッシングやカードローンの審査を受けたいと考える人の中には、既に他社で借り入れありという人も少なくありません。その場合、注意しておきたいのが、消費者金融にかかる総量規制と、現在の借入額です。

総量規制とは、年収の1/3を超えての借入ができないという制限の事です。消費者金融はこの総量規制の対象になり、借入限度額は、全ての業者の借り入れを合わせて年収の1/3までとなります。それに対して、銀行は総量規制の対象とならず、年収の1/3を超える額も借入可能となりますが、消費者金融で借入がある場合、審査には通らないと考えておく事が無難です。

その為、既に消費者金融からの借り入れがある状態で、新たに借り入れの為の審査を受けたいと考えた場合、中堅消費者金融など、消費者金融内で探す事になるのが一般的です。ただ、この場合に気をつけておきたいのが、現在の借入額です。

消費者金融の場合、最大で年収の1/3までという制限が付きますから、既に借り入れがある場合、年収の1/3にあたる額からその借入額を差し引いた額が、最大の希望額となりますが、それが限度額になる事は滅多にありません。更に、既に他社から借り入れがある場合、審査の際に必要な書類が変わってくる事があるので、注意が必要です。
(⇒消費者金融の審査基準についてもっと詳しく!

消費者金融の場合、一般的に50万円を超える希望額でない限り、収入証明は必要なく、身分証明書のみで審査を受ける事が可能となっています。ですが、他社から借入があり、新たに借り入れをしたいと希望する金額との合計が100万円を超える場合など、収入証明が必要となります。

ですから、初めて利用する時に比べて、必要となる書類が多くなる可能性があります。実際に何が必要かは、サイトなどでしっかりと確認し、用意しておく事で、スムーズに手続きを進める事が可能となります。ただ、現在の業者で返済の遅延などがある場合、審査落ちの可能性が高くなるので、注意が必要です。