教えてください。消費者金融を会社未成年で利用することは出来るんですか?未成年っていうだけで断られちゃいそうなんですけど、どうしてもお金が借りたいっていうときは消費者金融が使えたら便利だと思うんです。

未成年が利用出来る消費者金融があれば教えてください。あと、どうしてもダメならその理由が知りたいです。

未成年者が独断で行った契約は保護者が破棄することが可

消費者金融を利用するときには最終的に契約手続きを行う事になります。金銭の貸し借りをするにあたって、金利や貸付金額、返済が滞った時の対応、利用停止、更新など様々なことが記載されていますが、この契約を未成年者が行うという事に関して消費者金融側にリスクがあるんです。
(⇒消費者金融の年齢制限についてもっと詳しく!

それは、未成年者が独断で行った契約について保護者はその契約を無効にする権限を持つためですね。保護者が知らないところで勝手に契約をしてお金を借りてしまっている、それはあらゆるトラブルに繋がりかねませんから、未成年者を守る目的として保護者に契約破棄の権限を持たせているのです。

つまり、お金を貸しても保護者が無効だ!と言って来れば貸したお金をなかったことにしなければいけないわけです。

せっかくお金を貸してもそれを無効だと言われてしまえば消費者金融は困ります。ですから、未成年者にお金を貸すことは基本的に行っていないです。ほとんどの消費者金融の利用可能年齢が20歳以上となっているのはそのためですね。

ですが、未成年者でも学生であれば学生ローンを利用できる可能性があります。学生ローンも20歳以上でなければいけないとしているところはありますが、学生であれば18歳でも利用可能というところもあるのです。そういったところはアルバイト収入があるという事、親の承諾があることを条件にしている場合もありますから、利用条件については確認しておくことが大切です。

消費者金融会社は条件次第で未成年者でも利用できる

未成年でも消費者金融会社を利用することは可能でしょうか?そんな風に思った人もおられるかもしれません。未成年者として消費者金融会社からお金を借りられるかどうかであれば、これは条件次第で可能であるといえます。その条件とは、そうした状況に対応している消費者金融業者を利用すること、もう一つは親の同意と収入が安定していることです。
(⇒親に内緒で消費者金融使うことはできる?

業者によっては、親の同意があって収入が安定していても、そもそも未成年者の利用はいかなる状況でも認めないというところもあります。そうした業者の場合は条件を整える以前の問題なので、最初から無理であると考えなければなりません。

しかし一方、業者によっては親の同意と安定した収入があれば利用を許可するところもあります。どちらも重要な条件ですが、特に親の収入は重要な条件となってきます。消費者金融が気にするところは借りたお金が返ってくること、つまり本人に返済能力があるかどうかです。

未成年者の場合はこれを親が負担することになるわけですが、親に十分な返済能力がなければ審査を通すことができないのです。したがって、親にただ収入があるだけでは十分とはいえません。借りたお金をきちんと返せるだけの能力がなければなりません。

そのためには、現在の収入状況はもちろん、勤務先の規模、勤続年数もチェックされます。そうした収入を含めた返済能力に関わる属性が良いと判断されて、初めて審査に通過することができます。

とはいえ、ともかくも未成年者であっても消費者金融会社からお金を借りることは可能であるといえます。ちなみに、無収入の専業主婦や、年金受給している高齢者であっても、同様に消費者金融会社からお金を借りることができます。

ただしこの場合も条件があって、その条件をクリアしなければ審査には通過しません。そして注意点として、借りに消費者金融で審査が下りたとしても、金利計算や完済予定日などはしっかり計算しておかなければなりません。これは返済負担を余計に重くしないための予防法です。

【参考ページはこちら】
消費者金融で借りれる年齢を教えて!