消費者金融が設定してる金利の幅ってどのくらいですか?なんか結構幅があると思うんですけど、これってどうやって決まるんですかね?

同じ金額を借りても金利が低い人と高い人って出てきますか?自分が低い金利で利用するための方法があれば知りたいです。

消費者金融の金利は限度額が高い人ほど低くなる傾向がある

消費者金融それぞれで金利が設定されています。法定金利の範囲内で自由に設定できますから、金利が低い消費者金融、高い消費者金融があるんですね。金利が低いところを利用したいところでしょうが、金利が低いところは確実に返済してもらわなければ得られる利益が少なくなってしまいますので審査が少し厳しくなっています。

審査が甘い消費者金融は貸し倒れのリスクを考えて金利が高くなっていることが多いですね。金利が高い消費者金融も低い消費者金融も、この金利です!と一本化されているわけではなく、何%~何%という事で設定していることが多いです。この幅は消費者金融によって違いはありますが、5~10%ぐらいの幅になっていることがほとんどです。

消費者金融の金利に幅があるのは、利用限度額や信用度によって設定金利を変えているからですね。一般的に利用限度額が高い人は金利が低くなります。利用限度額が高いという事は低い金利でもある程度の収入を得られることが予想されるためです。

また、信用がある人は確実に返済することで確実に金利収入を得られることになりますから、低い金利を設定するという場合があります。同じ利用限度額で金利に差が出る場合は、信用度に差があると考えましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の法定金利、上限はいくら?

消費者金融の金利にはなぜ幅が存在するのか

消費者金融を利用する際に参照する情報に金利がありますが、表示にはかなりの幅があり、どれが適用されるのか初めて利用する場合に分かりにくくなっています。このようになっているのは、簡単に借り入れできるため貸し倒れのリスクが高いことが理由にあります。

消費者金融からのキャッシングは利用者の信用で融資を行うものであるため、借り入れの際に業者に担保を用意する必要がありません。また、利用目的も定められていないため自由に使うことができ、一度契約すれば追加で借り入れを行う際に審査は不要であるため、手軽に利用できます。そのため、お金が足りなくなったときに安易に利用してしまい、返済が困難になって貸し倒れが起きる可能性が高いです。

このリスクを避けるため、消費者金融ではできるだけ高い金利を設定して多くの収益を得ておくことで、貸し倒れが発生した場合の損失の影響が小さくなるようにしています。ただし、金利の上限は法律で定められているため、これを超えない範囲で設定する必要があります。(こちらもご参考に→消費者金融の法定金利はどのくらい?

現在の法律では、貸し付け金額が10万円未満であれば20%、10万円~100万円未満までは18%、それ以上は15%が上限になっています。これにより、この借り入れ限度額に達したときに適切な範囲まで引き下げが行われます。

また、法律以外にも引き下げる要因があります。借り入れ限度額の引き上げには審査が必要であり、返済の遅延を起こすことなく利用を続けることで審査に通ります。限度額が順調に引き上げられている顧客は消費者金融にとって安全に融資を行える優良顧客であるため、他社に流れないように金利を引き下げ、借り入れの条件を優遇します。引き下げが行われる金額は業者によっては明記されていないこともあります。

このような理由によって金利に幅が発生しています。そのため、最小のものが適用されるには借り入れ限度額を上限近くまで引き上げなければならず、実際にこれを適用させるのは難しく、利用開始時には最大のものが適用されると考えると良いです。