消費者金融を無職の人が利用するときって限度額はやっぱり低くなっちゃうんですか?審査で不利になっちゃいますか?

利用限度額があまりにも低いと利用するのも微妙かなと思いますが、どのくらいお金を借りられるんでしょうか。

消費者金融は収入があって初めて利用出来る

消費者金融というのはお金を借りるところではありますが、それはお金を返すところという事も出来ます。つまり、返済出来ない人は借りることが出来ないという事です。返済するために必要なのは収入でしょう。

毎月収入を得ているから、その収入から返済することが出来るわけです。収入が無い人は返済資金を得ることが出来ないという事で審査に通ることは出来ない、消費者金融を利用することは出来ないという事になります。

無職で消費者金融を利用しようと思っても、収入が無ければ利用することは不可能です。無職でも収入があるということであれば利用できる可能性はあります。ただ、特定の勤務先が無いという事は審査で有利になる事はありません。

不安要素だと判断されるでしょうから、審査に通るのも難しいかもしれません。もし利用できたとしても、限度額が数万円と低いものになってしまう場合もあります。

無職で得られている収入が本当に安定しているのかも重要です。安定した収入があってこそ審査に通ることが出来ますから、まずは安定した収入を得るようにする、その収入を1年以上継続して得るようになる、これを達成できてから申し込みをする方が無難だと思われます。

【参考ページはこちら】
失業中でも融資してくれるところはある?

無職の人が消費者金融の借り入れ限度額をアップさせるためには

毎日の生活では思いがけないタイミングでお金が不足してしまうことも少なくありません。急な出費を余儀なくされることもあれば、会社の倒産などに伴い生活費が必要になるケースだってあるでしょう。

このような時に親や友人にお金を借りるという手段もありますが、これに甘えつづけると関係性が悪化しかねないもの。そうならないためにもお金の不足時には消費者金融などを活用してあくまで自己責任のもとでお金を融通するのが良いでしょう。

消費者金融が提供する借り入れサービスの代表的なものとしては、カードローンやキャッシングといった手法があります。カードローンとは一枚のカードを発行することでお金の不足時にはすぐに近場のATMへ駆けつけるだけで迅速に融資金を手にすることが可能となります。
(⇒消費者金融の中でもおすすめのカードローンキャッシングは?

また、キャッシングとはネットや電話などで手軽に申し込みを行い、これが叶うと迅速に銀行の預金口座に希望額の振り込みが行われるという借り入れ方法のこと。これもまた、店舗まで出向くこと無く全ての契約が行える点に大きなメリットがあると言えるでしょう。

ただし、こうした借り入れサービスを利用するには審査をパスしなければなりません。まずはネットや電話や自動契約機、店舗窓口で契約を行う際、職業や年収を記載する必要がありますが、もしも申請者が無職であった場合には注意が必要です。というのも、消費者金融が遵守しなければならない貸金業法には総量規制という決まり事があり、その中では個々人への融資限度額が年収の3分の1までと決められているからです。

これはつまり、完全なる無収入の人に対しては融資ができないことを意味しています。申請者は無職であったとしても何らかのパートやアルバイトに従事して給料を受け取っている必要があります。そうした年収を源泉徴収票や確定申告用紙や所得税の通知書などを提示することできちんと証明することで、初めて融資の資格が得られるというわけなのです。

また、パートやアルバイトで収入のある無職の人が限度額を上げるためには、まずは1年以上長きにわたって借り入れと完済を繰り返して信用度を上昇させる必要があります。そうやって利用し続けていくと消費者金融側にとっても上質な顧客として、やがて限度額アップの提案が行われることでしょう。