消費者金融の審査って有利な人と不利な人がいるともいますが、個人事業主は不利な方になりますか?

個人事業主っていうだけで不利になるって聞いたこともありますけど、消費者金融が利用できないっていう事じゃないんですよね?審査に通ることは出来ますよね?

個人事業主でも消費者金融を利用することは出来ます

個人事業主が消費者金融の審査に不利になることは言えます。少なくとも有利にはなりません。それは、個人事業というのが安定した収入を得づらい印象を与えるためです。消費者金融が審査で重要視するのは収入の安定度です。

毎月一定の収入を確実に得ることが出来る人、返済するためのお金を準備できる、確保することが出来る人に融資をしたいと考えるわけですね。ただ、個人事業主は消費者金融を利用できないという事ではありません。(こちらもご参考に→自営業者専用のカードローンってあるの?

個人事業主が消費者金融を利用するためには、収入が安定していることを示すことが出来れば良いのです。個人事業主が消費者金融を申し込む場合は確定申告書などの収入証明書の提出が必須なことが多いので、まずはそれで収入があるという事を示します。

あとは現在の借金有無、その金額も審査に影響しますから、出来るだけキレイな状態の方が良いですね。ただ、個人事業主が消費者金融のカードローン、フリーローンを利用できたとしても事業資金として利用することは出来ない場合が多いですからそこは注意しましょう。

もし事業資金としての利用を考えているのであれば、ビジネスローンの申し込みを検討する必要があります。ビジネスローンであれば事業資金はもちろんプライベートな用途にも使うことが出来ますし、カードローン同様無担保でOKという商品も多いですよ。

個人事業主が消費者金融の審査に通りにくいというのは本当か

消費者金融や銀行のカードローン、またはキャッシングと言われるものが、最近ではとても人気です。いざという出費が必要となった時に、カード一枚あれば、その辺のコンビニATMから自由にお金を引き出すことができるのですから。もちろん必要ない場合は使わなければよいのです。使わなければ金利が付くこともありません。生活上の保険の意味合いで、契約だけしている人も多いと言われます。

さて、契約だけしておけばとても安心なカードローンですが、実際に申し込むとなると審査に合格しなければなりません。審査に合格して初めて、カードローンの契約ができるのです。

ところで、個人事業主は審査に通りにくい、または審査に落ちるという噂があります。それは本当なのでしょうか。

結論から言うと、それは単なるうわさにすぎません。個人事業主でも、審査には通ります。なぜ、個人事業主に関してその様な噂が立っているのでしょうか。

消費者金融が、貸付の際に最も重視している時効は、収入の安定性です。収入の額ではありません。今月も、来月も、来年も同じ収入が約束されている人に対して、高い信用力を与えます。個人事業主と言う職業は、年収は高くても、来年同じ年収が確保されるとは限りません。今月の月収が200万円だったとしても、来月は10万円未満の可能性もあります。それが個人事業主の宿命なのです。

その事業主の収入の安定性を示すためには、所得証明などの公的な書類で示すしか方法はありません。有名な会社ならば、会社名を聞いただけで給与の安定性が証明されるでしょう。しかし、名もない事業主は、自分でそれを証明しなければならないのです。こうした書類提出などの煩雑さが、契約に通りにくいという噂につながっている面があります。

しかしながら、きちんと収入があり返済能力もあることを証明できれば、なんら給与所得者と変わらず契約が可能です。噂に流されず、必要ならば堂々と申し込みをしましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融審査に有利な職業ってある?