消費者金融の審査に有利な職業があれば教えてください。今の自分の職業が有利だと良いなって思ってますが、やっぱり安定が一番重要なんですかね?

大手企業は中小企業よりも有利になりますか?

消費者金融の審査には安定した職業・会社が有利

消費者金融の審査は申し込んだ人全てがパスしたいと思っていることでしょう。ですが、実際は落ちてしまう人もいるわけです。どうして審査に落ちてしまうのか、それはその人にお金を貸したら帰ってこない可能性があると考えられてしまったためです。審査に通るために有利になる条件というのが色々ありますから、それをチェックしてみましょう。

まずは職業、勤め先である会社についてです。最も信用される職業は公務員ですね。リストラがなく安定した収入を得ることが出来るというのは消費者金融にとっても安心できますから審査で有利なってきます。

あとは中小の企業よりは大手上場企業の方が有利でしょう。雇用形態としても、派遣社員やパートよりも正社員が有利ですし、アルバイトやパートの場合は審査に通っても利用限度額が最高30万円までなど低めになってしまう事もあります。安定した職業という意味では、士や師がつく資格を持っている人も審査で強いですね。万が一今の勤め先で何かあっても次の転職先を見つけやすいと考えられるためです。
(⇒消費者金融を利用しているのはどんな職業の人?

他にも有利になる条件はあります。まず勤続年数は長い方が有利ですね。最低でも1年以上ないと不利になってしまいます。これも安定した収入があるという事を判断する材料となるのです。年収も低いよりは高い方が良く、出来れば400万円以上あれば安心です。

そして、健康保険の種類も審査に多少関わってきます。共済や組合健保より国民健保の方が不利になってしまう傾向にあるんですね。さまざまな条件をチェックした上で審査は行われているという事は知っておきましょう。

【参考ページはこちら】
様々な職業の方におすすめの消費者金融情報

消費者金融で、審査に影響する職業について

消費者金融会社は、個人向けに無担保で小口のお金を貸し付ける貸金業者のことです。

お金を借りるさいには消費者金融にしても、銀行にしても、借り主が返済に見合うだけの経済力や信用力があるかの審査を受ける必要があり、その審査の結果で貸付の金額や金利などを決められます。経済力と信用力が高ければ、それだけ多くのお金を借りられますし、金利も低く設定してもらえることになります。

しかし、どちらにしても、この審査に通らない限りは、消費者金融からお金を借りることができません。

これらの審査の基準は、主に安定した収入があるかどうか、ほかの金融機関からの借り入れがあるかどうかなどがあります。また居住地や、家が持ち家なのか賃貸なのか、職業なども審査の対象となります。
(⇒水商売の人はお金を借りにくい?

審査に通るには安定した収入があるというのが大前提ですが、それ以外の項目では貸付金額の上限や金利に影響してきます。例えば居住地が持ち家であれば、賃貸と異なり日々の出費に余裕があり、またそれだけ資産があるということになりプラスに評価されます。

職業は、その業種によって評価が分かれます。公務員や大手企業のサラリーマンであれば、それだけ安定した収入を長期間にわたって得ることができるということで、プラスに評価されます。一方で、マイナスに評価されるのが、それ以外の職業で、特に勤続年数が短い業種では、場合によっては審査が通らないこともあります。

また落とし穴として、フリーランスなどがあります。(こちらもご参考に→フリーランスがキャッシングするのは難しい?)これは今の時点で収入が高くても、将来にわたって安定した収入が得られるとは限らないためです。消費者金融にしても銀行にしても、貸金業者が重要視するのは安定した収入があることとなっています。

ただしこれらは多額のお金を借りるさいに問題となることで、他に借金がなく、はじめて借りる場合で、収入の範囲内で短期間に返済できる程度の金額であれば、消費者金融では審査は影響しないと言われています。