マイナーな消費者金融ってあると思うんですけど、どうしても大手とかに利用者が固まる中残ってるって結構すごいと思うんです。

やっぱりマイナーな消費者金融はそこを利用するメリットが何かあるっていう事でしょうか?

中小消費者金融は審査が甘く利用しやすいところも多い

消費者金融は大手と中小に二分することができます。大手の消費者金融をメジャーとすれば、中小の消費者金融はマイナーだと言えるでしょう。確かに全国的な知名度は低いかもしれませんが、大手だけではなく多くの中小消費者金融が今も存在しているという事はそれなりの利用者がいるという事です。

利用してくれる人がいないと営業していけませんからね。確かに倒産・廃業する消費者金融も少なくはありませんが、長年地元で営業し続けいてるところもあります。そういう消費者金融は利用するメリットがあるとも言えるでしょう。

中小消費者金融を利用するメリットの1つに審査に通りやすいということがあります。大手で落ちてしまった人を受け入れることも多いのが中小消費者金融です。消費者金融の利用を検討する人は、まず大手の消費者金融に申し込みをすることでしょう。

ですが、残念ながら大手の消費者金融の審査に通ることは出来ず利用できないという人も少なくないのです。そういう人たちが次に検討するのが中小消費者金融です。大手から流れてくる利用者、顧客を確実に得たい中小消費者金融は大手よりも審査が甘く利用しやすい事をアピールしていることも多いのです。

その分、いろいろな人が利用しますから貸し倒れのリスクもだいぶ高まります。ですから、金利の設定が高めになるのです。金利が高くても利用出来るなら利用したい、そういう人にとって中小消費者金融は無くてはならない存在かもしれませんね。

【参考ページはこちら】
大手の消費者金融が安心なわけとは

金融事故情報が消えていない人はマイナー消費者金融に申し込みを

お金が急に必要になることは、誰にでもあります。急に友人からのお誘いの連絡が入ったり、急に家の車が故障したりなど、人は普通に生活していると、常に急なお金の危機にさらされる瞬間があるのです。

さて、そんな時に便利なのが、消費者金融や銀行で発行されているカードローン。カードローンを契約していれば、いつでも好きな時に、何度でもお金を借り入れることが可能です。限度額と言うものが設定されるのですが、その限度額の範囲内であれば、いったん満額まで借りたとしても、その後返済によって余裕ができるとその余裕の部分も再び借りることができるのです。

とても便利なカードローンなのですが、契約するには審査が必要となります。審査とは、まず属性の審査です。勤務先や年収、他社からの借り入れ状況等、本人の自己申告に基づいて機械が自動的に判断する審査です。これを仮審査と言います。(こちらもご参考に→仮審査通過なのに本審査に通れない時ってどんな時?

仮審査をパスした人は、次に本審査に入ります。本審査では信用情報の確認や、実際に勤務先に電話をする在籍確認というものがあります。在籍確認は問題ないとしても、信用審査で引っかかると厄介です。ブラックと言う人たちは、なかなかこの信用審査を通過しません。

いわゆるブラックの人たちは、信用情報機関にその情報が登録されてあるため、金融機関では自動的に落とされてしまうのです。しかしながら、ブラックの人たちと言うのは、債務整理などですでに借金から解放された人たちが大半ですから、実際のところは返済能力が高い場合もあります。

そこで、こうした人たちでも、現在の実際の返済能力を審査してくれるものとして、マイナーな消費者金融があるのです。メジャーなところでは、自動的に審査で落とされる人でも、マイナーなところでは、その人の実質的な現状をよく見てくれる場合が多いのです。

ほとんどの人は大手消費者金融に走ります。そのおこぼれをもらうのがマイナー消費者金融です。ブラックでも返済能力があると判断される人については、マイナーなところに問い合わせてみましょう。
(⇒人気の消費者金融情報はここでチェック!