マンションとかアパートとか引越しをして賃貸契約をするときに、その賃貸審査を消費者金融がするっていう話を聞いたんですけど本当ですか?

消費者金融に審査されるっていうのはあまり気乗りしないんですけど、どうして賃貸の話で消費者金融が出てくるんでしょうか?

消費者金融は貸金だけではなく保証業務をしているところも多い

消費者金融の仕事と聞けば貸金と考える人がほとんどかと思います。お金を貸して、返してもらう。返してもらう時には金利分のお金を追加してもらう事で収益としている、そういうイメージですよね。ですが、消費者金融は貸金以外にも保証会社としての業務をしていることも多いのです。

保証会社というのは、お金を貸す、何かを貸すというときに申し込み者の審査をしてその人の返済や支払いを保証するという業務ですね。万が一申し込み者が返済、支払いできなくなった時には代わりに支払うということを行います。

保証会社が審査をして保証することで万が一返済、支払いできなくても回収する見込みが出来ることになりますから、申し込み者は契約しやすくなる、審査に通りやすくなると言ったメリットがあります。ただ保証するだけでは収入になりませんから、保証する相手から保証料というものを得ています。これを収入としているんですね。

マンションやアパートの賃貸契約においても消費者金融が保証をすることがあります。申し込み者が家賃の支払いをしなかった場合、滞った場合代わりに消費者金融が支払いをすることになるのです。ただ、代わりに支払いをしてもらったら申し込み者の支払いが免除になるという事ではありません。

申し込み者は不動産会社や大家ではなく、消費者金融に支払わなければいけないことになるのです。消費者金融は貸金業としての貸し付け、取り立てのノウハウを持っていますから、しっかりと取り立てが行われます。

もちろん法に反するような強引な取り立てをすることはありませんが、支払うことが出来なければ利息が増えていくだけですし、最悪の場合債務整理を行う事もあります。家賃の支払いは確実に行うようにしましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するおすすめQ&A

消費者金融の利用は賃貸審査に影響しますか?

消費者金融での利用状況が、アパートなど物件の賃貸審査に影響を与えることがあるのでしょうか?この点が気になってる方もおられるかもしれません。結論からいえば、そんな心配は必要ないということができます。

その理由は、個人信用情報センターの情報は不動産関係者では閲覧できないということにあります。
誰かが消費者金融を利用していくらお金を借りているか、どういう金融履歴をもっているかなどの情報は、個人信用情報センターというところに集められています。この信用情報を閲覧できるのは、金融業者と本人だけとなっており、不動産関係者がそれを見ることはできません。したがって、消費者金融の利用状況が賃貸審査に影響を与えることはないのです。

しかし自らそのことを申告したり、あるいは何らかのきっかけでたまたま消費者金融を利用していることが知られてしまうなら、その影響については断ずることができません。ただし、信用情報機関を通じで情報が知れ渡ることはなく、そこを通じてチェックがなされることもありません。

しかしながら、保証会社を利用して家を借りるときは注意が必要です。なぜなら、家賃保証会社は金融業者であることもあるからです。すでに述べたとおり、個人信用情報センターの情報は金融業者であれば閲覧することができます。したがって保証会社を通じて賃貸契約をする場合は、その保証会社に消費者金融での利用状況や金融履歴が届く可能性があります。

実際に情報が行き渡ってしまえば、それが審査結果に影響することは十分考えられます。利用状況を賃貸審査に影響させたくないと思うなら、保証会社を必要としない物件を借りるしかありません。特に、金融業者を背景にした保証会社がいるところは避けるようにしなければなりません。

その一方で、スムーズに賃貸審査をクリアするうえで、個人の属性信用度を高めておくのはよいことです。その中には、できるだけ金融業者からお金を借りないようにしておくことも含まれます。