消費者金融で借り入れをしたいのですが、収入が少ないので、審査に通るか心配です。多めに収入を申告すると審査には有利になるでしょうか。

定期的な収入があれば額は少なくても審査には通ります

定期的な収入があれば、額は少なくても審査には通ります。収入が多い人でも、月々に大きな変動があると審査は厳しくなります。嘘の申告をしてバレると審査には落ちるので、注意が必要です。

消費者金融の審査担当者は、その人の勤務先情報を見て、会社の規模を把握できれば、おおよその収入を割り出しますので、極端な収入の虚偽はすぐに見破られます。また過去に借り入れやキャッシュカードを作っていたりすると、その時申告した情報が、信用情報機関に登録されるので、審査の時に情報の開示請求をして、収入の確認をすることもできます。

借り入れの際には、全て真実のみを申告しましょう。もし収入を偽ると、訴訟になる恐れがありますので、注意が必要です。今はネットでの申し込みが主流になっていて、即日審査・即日融資が可能なので便利ですが、店舗に出向いて申し込みをすれば、返済方法など細かな説明を受ける事ができます。

大手の消費者金融であれば、無利息期間があったり、送付物や確認の電話も拒否できますし、自動契約機も街中に多数設置されているので、利便性に富んでいます。中小の消費者金融は、支店があっても数が少なかったり、ネット申し込みができないこともあるのですが、審査が甘いという利点があるので、大手で借り入れができなかった人は、必然的に中小の会社に流れています。

【参考ページはこちら】
中小消費者金融は収入証明書の提出が不要?

消費者金融の審査で嘘の収入バレるのはどうして?

はじめて消費者金融を利用する際、審査に通らなければなりません。消費者金融ももうけがあってはじめて営業できるので、借りたお金は利息を添えてきちんと返してくれる人にのみ貸すのが当然だからです。借りたお金を期日内にきちんと返してくれる、返済能力のある信頼のおける人であるかどうかを判断するのに行われるのが審査です。

まずはコンピュータのシステムで仮審査を行って、それに通れば本審査となります。本審査では、人間の手で記載項目が正しいか一つ一つ確認していくこととなります。そのため仮審査とは違って時間がかかるのです。

審査項目の一つに収入があります。もちろん収入が高い方が返済能力も高く、信頼できる人とみなされます。そこで、自分の収入では審査に通る自信がないので、本来よりも高く収入を申告する人がいるようです。そういった虚偽の申告をしても、その嘘の収入はバレるのです。嘘の収入がそのまま、まかり通ってしまっては、収入がない人でも借り入れができてしまいます。
(⇒消費者金融と年収の関係についておすすめ記事

それでは消費者金融は借金を踏み倒されて潰れてしまいます。申告した収入がおかしい場合、収入証明書の提出を求められることがあるのです。そこで虚偽であることが発覚すれば、契約は解除されてしまいますし、仮に融資を受けた後に、嘘の収入バレることになれば、下手をすると詐欺罪で訴えられることも考えられます。

なぜ嘘の収入バレるのかというと、年齢、仕事、勤続年数などからだいたいの収入が統計的にわかっているからです。そのため、その数値よりもとびぬけて高い場合は、収入証明書の提出が求められるのです。

自分は年収が低いので、審査に通るか不安であるから高く申告をすると、下手をするとどこの消費者金融でも借り入れができなくなる可能性があります。収入が低くても、限度額は低いかもしれませんが、借り入れができる消費者金融もあります。ダメかもと思っても、1年以上の勤続年数、そして安定した収入があれば、審査に通る可能性はあるのです。