消費者金融って審査がありますよね?年収関係なくちゃんと公平に審査してくれますか?年収が高いと何か優遇されて審査が有利になるっていうことありませんか?

年収が多い方が消費者金融もきっと嬉しいというか安心なんだろうなって思うんですけど、年収が低いから審査が厳しくなるってことがあれば嫌だなと…。

消費者金融の審査は収入が安定している方が有利

消費者金融の審査を受ける時、落ちる人と通る人がいるわけですよね。それぞれ理由があるのですが、消費者金融が利用してほしい人の条件というものがあります。その条件を満たしている人は、審査で有利になると言えるでしょう。一番重要なのは収入が安定していることですね。一定の収入をしっかり毎月得ることが出来ている、そういう人は審査で有利となります。

そして、年収は低いよりも高い方が有利になりますね。返済する金額を捻出するためにはそれなりの収入を得なければいけません。年収が高ければ生活費等の支出を除いても返済する金額を捻出しやすいかもしれませんよね。
(⇒消費者金融と年収の関係性についておすすめ記事

ただ、年収が全てという事ではありません。年収の高い、低いはあくまでも審査項目の1つです。あとは年齢、勤続年数、家族構成、健康保険の種類なども審査でチェックされていきます。年齢は若すぎたり高齢だったりするよりは働き盛りの年齢がどちらかというと有利になりますし、勤続年数も長い方が良いですね。

家族構成は単身より既婚で世帯を持っているひとが有利とされていますが、扶養家族が多いと毎月の支出も多いと考えられ不利になる事があります。健康保険は組合保険や共済が有利になる傾向がありますね。消費者金融の審査は一概に年収が高いから有利ということは出来ないという事は知っておきましょう。

【参考ページはこちら】
年収300万円だと借り入れ限度額は100万になる?

消費者金融は年収関係なくカードローンの契約ができる

人は、生活していれば必ず急な資金が必要になることがあります。たとえば、家電製品の故障。特に、真夏にエアコンが故障した時など、その夏だけは我慢するというわけにも行きません。修理なり、新規購入なりしなければなりません。

あるいは、田舎の親族から入った冠婚葬祭の連絡。これも、お金を持っていくだけでなく、まずは交通費がかかります。新幹線で往復するとなると、数万円はかかるでしょう。

こうした急な出費に備えて預貯金があるのですが、余裕のある金額を預けている人は、ごく僅かでしょう。そうした、いざという時のために、消費者金融と契約だけしておくというのが賢い方法です。
(⇒人気の消費者金融ならここをチェック!

消費者金融は、今やかつてのような怖いサラ金とは全く違います。東証1部に上場する健全企業であったり、または大手都市銀行の子会社であったりします。法外な金利や強引な取り立てなどは、今や一切ありません。むしろ返済できない人には、親身になって別の返済計画の相談に乗ってくれます。

ただし消費者金融とはいえ、契約の際には審査があります。審査に合格しなければ、お金を借りることはできません。本人の勤務先や年収、他社からの借り入れ状況、家族構成などを確認され、さらに過去の信用情報の確認も入ります。信用情報とは、過去に借金返済に関する大きな事故を起こしていないか、ということです。第三者機関がすべての情報を握っています。

基本的に、過去の大きな金融事故もなく、現在普通の給与所得者であれば、契約は問題ありません。たとえ年収が低くても、低いなりの貸付限度額を設定されて契約することができます。いわゆるカードローン、キャッシングというものですね。いつでも、いざというときに、何度でも限度額の範囲内でお金を借りることができるというものです。これなら、年収関係なく審査に通過します。

カードローンは、手元に一枚あるととても便利です。使わなければ金利が発生することもありません。生活上の保険として、一枚財布に入れておきたいですね。