年収ゼロ、仕送りだけで生活してるんですけど、今の状態で消費者金融を利用するってできますか?

一応収入は仕送りっていう事になると思うんですけど、これじゃ審査には通らないんですかね?

消費者金融の収入に仕送りは含まれません

収入があるというのは、自分以外の他社から金銭や物品を得ているという事です。自分が働いた、売った、貸したなどの働きかけをしてお金を得るのが収入を得るという事になりますね。消費者金融を利用するためにはこの収入が安定していることが条件となっています。仕送りというのは、生活の為に保護者が送ってくれているお金です。これは収入とは言えません。

つまり、仕送りのみの収入しかない場合消費者金融を利用できる可能性は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

どうしても消費者金融を利用したいなら何かしら収入を得る必要があります。消費者金融を利用する条件に、正社員であることという記載があることはほとんどありません。消費者金融は正社員じゃなく、パートやアルバイト、自営業といった雇用形態でも利用できるようになっています。どのような働き方をするにしても、収入が安定していればOKなのです。(こちらもご参考に→消費者金融を利用するための年収チェック!

まずはアルバイト等で収入を少しでも得るようにしてから消費者金融に申し込みをすれば、審査に通る可能性が出てきます。ただ、消費者金融は年収の3分の1までしか借り入れ出来ないと決められていますから、あまりにも年収が低いと利用できる金額がありません。

年収15万円なら5万円までしか借りられないという事です。年収15万円という収入の人を信用するというのも難しいでしょうから、ある程度の収入は得ておくようにしましょう。

消費者金融と年収の関係、その他仕送りについて

消費者金融と年収の関係、その他仕送りについて、消費者金融やクレジットカードには総量規制と言って年収の3分の1までしか貸してはいけないというルールができています。このため、消費者金融で借りる際には必ず勤務先と年収の確認がなされます。

勤務先ではその勤務先に何年勤務しているのかなどの情報を求められますし、また、職場への在籍確認といって、その職場の職員かどうか電話をかけて確認をすることになっていますが、あらかじめこのことは尋ねられて、電話をかけて確認をしてもいいかどうかは一般的には消費者金融側のコールセンターなどの窓口の女性側から尋ねられます。

無論、どこの金貸し屋かなどは名乗らず、その電話をかけて女性の個人名でかけていきますので、何らかの勧誘の電話か何かだと職場側では考えるでしょうし、それほど気にする必要はありません。ただ、職場が派遣会社などの場合には注意が必要で、どこに電話をかけてもらえばいいのかをあらかじめ指示されている場合があります。

無論、これは住宅を借りる際の連絡先という意味合いを兼ねていますので、消費者金融の在籍確認のためのルールではありませんが、同じように対応を考えたほうが無難です。そのため、念のために申し込んでいる先には、身分的には派遣社員であることと、在籍確認の電話をかけてもらう先が決まっていることなどを伝えておいたほうが後日余計なトラブルを回避することができます。

なお、この金貸しからお金を借りてたとえば子供への仕送りをするケースの場合などでは、他に取りうる方法がないかどうか、奨学金などで対応ができないかどうかなども含めて、よく家族間で相談、話し合いをしておいた方が無難です。

奨学金の方が一般的には利率は安いので、それでまずは学費などを支払い、それ以外の生活費についてはアルバイトや足りない部分について多少なりとも仕送りでカバーするという形の方がより良い状況であると言えます。

【参考ページはこちら】
消費者金融は年収関係なく審査してくれる?