消費者金融って大体年齢制限が書いてありますよね?20歳以上で65歳までとか70歳までとか。この年齢制限がない消費者金融ってないんですか?

未成年が利用できないっていうのは何となく分かるんですけど、なんで上限が65歳までとか決まってるんですか?

消費者金融の年齢制限は返済能力と関係しています

消費者金融のほとんどが利用出来る年齢制限を設けています。この年齢の人であれば利用できますよ、申し込みが出来ますよ、というものですね。多くの消費者金融は20歳以上を利用出来る年齢としていて、上限については60歳、65歳、69歳など消費者金融によって様々です。

一度申し込みをして審査に通過し、利用できるようになったとしても年齢制限の年齢に達した場合は契約期間終了後の自動更新が出来ない形で利用不可となります。未成年が消費者金融を利用できないのは、親に内緒で契約をしてしまった場合に親からの申し立てによって契約を無効とすることが出来るためです。

消費者金融側にリスクがあるという事ですね。未成年であるという事で返済能力に不安があるということも理由になってくるでしょう。

では、年齢上限が設定されているのはどうしてかという事ですが、こちらも返済能力の有無、返済能力を信用できるかどうかが関わってきます。多くの人が60歳を超えてくると定年を迎えることになりますよね。定年後再雇用があるかもしれませんし、再就職をするという人もいるかもしれませんがそれは一部の人です。

多くの人は年金暮らしになるはずですから、年金収入だけで借り入れ金額の返済をするという事です。そうなると返済能力に不安が出てきてしまうんですね。定年前よりも収入は減ってしまうかもしれません。ですから、年齢制限には上限が設けられているんですよ。

お金を借りるのに年齢制限ない消費者金融はあるか?

お金を借りる際には、消費者金融は大変便利な会社です。キャッシングやカードローンなどの金融サービスがあり、保証人や担保がなくてもお金を借りることができるからです。しかし、キャッシングやカードローンを利用するのに年齢制限ないのでしょうか。

実は、キャッシングやカードローンなどの消費者金融の金融サービスを利用するには年齢制限があります。利用できるのは20歳から65~69歳の方です。つまり、下は20歳未満、上は66歳~70歳以上の方は、消費者金融を利用することができないのです。

年齢制限の上限に幅があるのは、会社によって年齢制限の上限にばらつきがあるからです。しかし、下限の方は一様に20歳未満は融資できないことになっています。(こちらもご参考に→未成年でも学生ローンなら借りられる?

なぜ年齢制限があるのでしょうか。それは、消費者金融の行っているキャッシングやカードローンといった金融サービスが、基本的に借りる人の信用力に頼っているからです。つまり、保証人や担保が必要でない分、信用できる人にしかお金を貸すことができないのです。

キャッシングやカードローンといった金融サービスを利用する際、20歳以下の人は、働いていても勤続年数が最長でも5年未満であり、しかも未成年であることからお金を返済する能力が低いとみなされます。つまり、お金を貸しても返す能力がないと判断されるのです。そのため、審査も受けることなく申し込み時点で拒否されることになります。

また、66歳~70歳以上といった高齢者の方は、まだ働いている方もいらっしゃいますが、多くの方は退職して年金で暮らしていることになります。年金でも収入とみなされる場合もありますが、多くの消費者金融では安定した収入とは見做されないため、やはりお金を貸しても返済する能力が低いと判断されるために、お金を借りることはできないのです。

これらの理由により、年齢制限は下限と上限が設けられているのです。簡単に言えば、職に就いている年代で、十分な年収と勤続年数がなければ利用することができないのです。

【参考ページはこちら】
70歳以上でも消費者金融は利用可能?