北海道の消費者金融ってどういうところがありますか?他の都道府県に住んでても利用出来るようなところもあるんですかね?

北海道に行く機会があって、もしかしたらそこで予定よりも多い出費があるかもしれません。そんなとき、北海道で即日融資できる消費者金融を探さなきゃいけなくなるかもしれないので情報が知りたいです。

北海道には大手消費者金融の支店もあります

消費者金融で即日融資可能なところが増えてきていますが、中小の消費者金融となると情報が少なく実際安心して利用できるかどうか不安に思う人もいるでしょう。即日融資可能な消費者金融の情報を知っていれば、旅先、出張先でちょっとお金が必要になった時に利用することを検討出来るかもしれませんが、全く情報がなければお金の用意が出来る困ることがあるかもしれません。

ですが、大手消費者金融であれば各都道府県に支店があり即日融資も可能となっている場合が多いですし、本支店に居住があることを条件としていることもなく、どこに住んでいても申し込み可能としていますよ。

もちろん北海道にも大手消費者金融の支店、営業所はあります。無人契約機があれば、店舗に行かなくても申し込むことが出来ますね。振り込み融資をしてもらうことが出来れば、提携銀行に行って自分の口座のお金を引き出せばOKです。ただし、審査に通る事、申し込みを日中の早いうちに行って審査結果が当日中に出る事、というのが前提になってきます。

中小の消費者金融、地元で長年営業している消費者金融もありますが、現地に住んでいる人のみを対象としている場合もありますから、事前に確認しておくことが必要ですね。また、即日融資に対応していない場合もあります。直接窓口に行って手続をし、窓口でお金を借りるという方法を取っているかもしれません。自由に動ける時間が短いのであれば、利用をするのは少し難しいかもしれませんね。

消費者金融は契約しておけばいつでも利用出来る状況になります。借り入れを利用するかもしれないという場合は、とりあえず契約しておいて必要があれば利用する、という状況にしておくと安心かもしれません。

【参考ページはこちら】
人気の消費者金融会社はここでチェック!

北海道の消費者金融会社の数や規模について

消費者金融は、個人向けに小口融資を行う貸金業者のことです。貸金業を営むには貸金業法にもとづいて、行政に登録をしなければならず、1つの都道府県内に営業所を置く場合には、都道府県知事、2つ以上の都道府県に営業所または事務所を設置するには財務局長への登録をする必要があります。

これらの登録を行わずに貸金業を営んだ場合は違法となり、いわゆる闇金と呼ばれています。登録には登録番号が割り振られており、インターネットで実際に登録している業者かどうかを調べることができ、正規の貸金業者であるかの判断にも使われます。

消費者金融会社といえば、全国展開をしている大手もあれば、ある地域を拠点にしている準大手、さらに特定の地域を拠点としているローカルな消費者金融が今も多くもあります。
(⇒地方の中小消費者金融一覧ってある?

近年では、大手消費者金融は、ほぼ大手銀行の傘下に入っており、また貸金業法の改正や過払い金返還請求の関係から、銀行系消費者金融へと、その性質が変わりつつあります。一方で準大手やローカルは、従来通りの個人向けに小口融資を行っているのが殆どです。

北海道の消費者金融は、全国的にみてのその数は多く、北海道に本店を置くものだけでも140社を超えます。多くはローカル色の強い会社で規模は小さめです。

消費者金融からお金を借りるには返済能力に対しての審査を受ける必要があります。はじめて借りるさいには、安定した収入があれば、ほとんどの消費者金融で審査は通りお金を借りることができますが、借金が多くなってきた場合には、追加の借り入れが困難または断られます。

また返済時に何らかの問題があった場合には、借金を完済していても次回の融資を断られることもあります。そのようなさいには会社を変えると借りられることがあります。

また準大手やローカルは、大手と異なり会社の規模が小さいためフレキシブルに動け、大手では通らないような信用力の低い人に対しての貸出も積極的に行っています。そのため、審査に通りやすい消費者金融会社となっています。