消費者金融を利用するときには、申込書とか契約書とかの書類にいろいろ記入しますよね?もしここで嘘をついた場合、ばれるものなんですか?

ちょっと収入が低かったり他社の借金があったりして審査に不利になるかなと思ったので、そこを少し誤魔化せればと思ったんですけど大丈夫そうですか?

消費者金融申し込み時に記入する内容の嘘はばれます

消費者金融の審査で不利になる点としては年収が少ない、あるいは他社借り入れが複数ある、他社借り入れ金額が大きく現在返済負担が大きくなっているといったものが挙げられます。これらの条件では、いざ消費者金融を利用してお金を借りたとしてもスムーズに返済してもらえない可能性がありますので、審査に通るのが難しくなってしまうんですね。

ですが、だからと言って申込書に上乗せした年収を記載したり、複数ある他社借金をなかったことにしたりする虚偽の記載をしてはいけません。そのような虚偽記載は必ずばれてしまうからです。

消費者金融は審査を行う際に、個人信用情報をチェックします。個人信用情報には、現在借り入れしているお金があれば、その金額と返済状況が記載されていますから、どんなに嘘をついてもすぐにばれてしまうんですね。

嘘をついていることがばれた場合、信用してもらう事は困難ですから、嘘をついたという事だけで審査に落ちてしまう事もあるのです。正直に記載して、その情報で審査してもらった方が審査に通る可能性があるという事ですね。

信用情報には勤務先がどこかという事も記載してあります。勤務先については在籍確認がありますから偽るのは難しいのですが、勤務先が分かれば勤続年数からおおよその年収目安というものも判断が付きます。大きく上乗せした年収というのは嘘がばれてしまう可能性が高いですから、正直に申告するようにしておきましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融のネット申込みはいつできるの?

消費者金融での契約書類の送付で家族に借金の有無がばれる可能性

私たちの生活は常に思わぬ出費で満ちています。日頃の家賃の支払いや食費や生活費の捻出、ローン返済や保険料の支払い、会社の同僚や友人との交遊費、ブランド物やファッションアイテムの購入費、家族の怪我や病気に伴う通院費、急に飛び込んできた冠婚葬祭、それに休日や休暇に伴うリクリエーション費に至るまで、その可能性は数限りなくあることでしょう。

そんなひとつひとつに過不足無くお金を割り当てていくためにも、万が一財布の中身や銀行の預金残高が不足するようなことがあれば消費者金融の借り入れローンを活用するとよいでしょう。こういった消費者金融ではカードローンやキャッシングを始めとする様々な借り入れ方法を展開しています。そのいずれも手続きが簡単で融資がスピーディー。まさに願ってもない条件です。

しかしこれらの借り入れサービスを活用するためには、最初に然るべき申し込みを行った上で、審査を受けなければなりません。キャッシングならネットや電話で、カードローンなら自動契約機でも申し込みが行えます。そこでは主に氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを記載して審査を受けますが、中でも職業や年収は融資限度額を策定するための重要な条件となります。
(⇒消費者金融の審査に有利な職業ってあるの?

その後、信用機関への問い合わせや勤務先への在籍確認などを通じて一連の審査は完了となります。その所要時間は40分から60分程度で、審査結果はすぐに伝えられます。正式な契約が済むとその重要書類はその場で控えを受け取ることもできますが、そうでなければ自宅へと郵送されることもあります。この時に注意したいのが家族にばれるという事態です。

消費者金融からの書類が届くと何かと驚いてしまうもの。ただし消費者金融の中にはそうやってばれるのを回避するために外面からは全く分からない封筒に入れて送ったり、あるいは契約内容に関してはネットの公式サイトのマイページなどですぐに確認できるようになっている場合も多く、家族にばれない仕組みが拡充されてきています。

このような取り組みによって、今では消費者金融から郵送された書類が原因で借金の有無がばれるようなことはとても少ないと言えるでしょう。