消費者金融の限度額は年収で決まるって聞いたことがあります。年収が高ければ限度額も多くなるっていうことですか?

年収が低いとどうしても少しの限度額しか設定してもらえないんでしょうか?どのくらいの金額が高い限度額になるのか、低い限度額になるのかっていう目安ありますか?

消費者金融は総量規制の対象となっています

消費者金融を利用する上で年収が関係してくるというのは、利用限度額は総量規制の範囲内で設定されなければいけないと決められているためですね。総量規制があるということで、年収の3分の1を超える限度額設定をすることがNGとなっているんです。消費者金融は最初に設定された限度額を必要に応じて増額することが出来るようになっています。

当然増額申請をして審査を受けなければいけませんが、きちんと利用して返済している人であれば特に問題なく増額してもらえる場合が多いのです。ですが、いくら信用できると判断されても総量規制の範囲をオーバーする金額を限度額として設定することは出来ないのです。

利用限度額はその範囲内で自由に借り入れが出来るというものですが、満額利用しないとしても総量規制は限度額に関わってきます。実際の利用している金額ではなく、利用することが出来る金額が適用となるのです。そういう点で消費者金融と年収は大きく関わっていると言えるでしょう。

ただ、銀行の借入であれば総量規制は適用されません。総量規制はあくまでも貸金業法で定められた貸金業の為の規制です。銀行は銀行法に定められた決まりの中で貸し付けを行いますから、総量規制に影響されることは無いんですね。個人で大きな金額を借入したい場合は、消費者金融だけではなく銀行からの借入というのも検討してみるべきかもしれません。
(⇒銀行カードローンにはない消費者金融の魅力とは?

消費者金融の利用限度額はなぜ年収による制限があるのか

消費者金融の広告などで、最大融資額が500万円である、というような会社を見かけることもありますが、実際にこの金額まで借り入れを行える人はあまりいません。これは消費者金融によって設定された利用限度額とは別に、法律によって制限をかけられているためです。

以前は借り入れに可能な金額について貸金業法で規定がされていませんでした。そのため、手軽に利用できることから自分の返済能力に合わない借り入れを行い、返済できなくなって債務整理に追い込まれるようなケースも少なくありませんでした。このことが問題視され、法改正によって年収の3分の1を超える借り入れを制限する総量規制と呼ばれる制度が導入されました。

この制度により、前述の例では最大融資額まで借り入れを行うには1500万円の年収が必要になることになります。また、これは貸金業法が適用される業者全ての借り入れの合計額を参照するものであり、1社当たりの借り入れ額ではないことに注意が必要です。借り入れ額は個人信用情報機関に登録されているため、他社も含めた借り入れ額を把握できるようになっており、制限に達するとそれ以上は借り入れできなくなります。

この総量規制は前述のように利用者が債務整理に追い込まれるようなことを防ぐために作られたものであるため、この制度を無視した方が利用者にとって有利になる場合は例外や除外などの規定があり、年収の3分の1を超える借り入れができます。これは借り換えローンを利用する場合などが該当します。ただし、法的には可能であっても利用する場合には業者による審査があるため、借り入れ状況によっては断られる可能性もあります。

なお、総量規制は貸金業法で定められているため、貸金業法が適用されない業種であればこの影響を受けません。そのため、銀行からの借り入れを行う場合には年収の3分の1を超える金額であっても借り入れを行えます。また、銀行からの借り入れ額は総量規制による借り入れ額の合計には含まれません。

【参考ページはこちら】
年収ゼロで仕送りのみ、消費者金融使える?