消費者金融で借り入れをしたいのですが、会社が忙しくて申し込みをする時間がありません。有給消化中に申し込みに行こうとは思うのですが、そうすると在籍確認の電話に出れなくなるので、審査に落ちるということはないでしょうか。

本人不在でも在籍確認はできるので大丈夫です

在籍確認の電話をした時に、本人不在でも「○○は席をはずしております」とか「○○は休暇中です」という返答があればいいので、在籍確認はそれで終了します。ただ会社名は名乗らず個人名で電話をするので、怪しまれて電話を切られたり、どのような用件であるのかということを、しつこく聞かれる事もあるので、その場合は折を見てかけ直すという返答をして電話を切ります。
(⇒消費者金融の審査で会社にバレる心配はない?

ただどのような対応をされても「第三者に借り入れの事実は知られてはならない」という法律がありますので、会社には貸金業者だということは絶対にバレないようにしています。また銀行系の消費者金融の中には、直近の給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書の提出により、在籍確認をしないところもあるので、便利です。

今は大手だけでなく中堅の消費者金融でも、パソコンやスマートフォンでの申し込みが可能になってきているので、365日・24時間受付しているところもあります。在籍確認の電話は、本人が出れば、住所と生年月日を聞かれるだけなので、数秒で終わります。また予め打ち合わせしておけば、電話の時間指定もできるので便利です。

消費者金融は、大手のように全て法律の範囲内での融資を行うところばかりではないので、もし違法な金利を言い渡されたり、暴力的な取立てに遭ったら、警察や消費者生活センターなどに連絡しましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融からの借金はバレるってホント?

消費者金融のカードローンは有給消化中でも利用できるか

消費者金融のサービスは多くの職業、年齢問わず利用できるようになってきています。そのため、これまで利用できないと言われてきた、転職前の有給消化中でも利用できるようになってきています。消費者金融のカードローンやキャッシング・サービスは一般的に収入と借入状況によって審査が行われます。

特に借入状況については他社の借入も含めてほとんどすべての借入を調査されて審査が行われます。これは、法律で総収入の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限があるためです。現金以外にも物を買う場合でも法律に準拠した社内制限をしている消費者金融も少なくありません。

また、一部の金融機関では消費者金融向けのこの法律の制限に準拠した貸出制限をしている会社も増えています。借入状況以外に収入の確認も行われます。収入については基本的に年収による審査が多くなっています。そのため、転職前の有給消化中であっても年収が確定できていれば問題なく審査が通ることが多いようです。

収入と借入状況によって審査が行われますが、借入可能額もこの段階で決まります。借入可能額については法律での制限を踏まえ、また、各社独自に貸し出し可能額を設定しています。また、貸出可能額に合わせて金利を変動させている会社も増えてきました。消費者金融では法律の原酒はもちろんですが、その中で金利についてはお客様に有利な施策を取ることが増えてきました。
(⇒低金利のカードローンってどこにある?

施策の中で好評なのが貸し出し可能額によって金利を変動させることです。貸出可能額は実際に借りられる金額ですが、金利は一定な場合が多かったのですが借入可能額が高い顧客については金利を湯遇するという会社が増えています。

実際に利用して実績を増やして金利を下げる方が多いですが、会社によっては実績がなくても貸し出し可能額が高い利用者の金利を下げる施策が行われるようになっています。また、貸出可能額の増減のタイミングも1年毎が多かったのですが、半年に一度審査を見直す会社も増えてきています