増額が簡単な消費者金融ってありますか?消費者金融で増額するときって手続きが面倒だったり、審査が厳しくて結局増額できないっていうところあったりしませんかね?

まずは消費者金融を利用できるかどうかっていうところからなんですが、利用後に増額したくなったら簡単に出来るところがいいと思うんです。どこかありますか?

消費者金融の増額申請は簡単に手続き出来ることが多い

消費者金融を利用している人が今の限度額に不満を持った場合、その限度額は増額することが出来ます。ただし、放っておけば勝手に増額されるという事ではなく、自分で増額したいことを伝えなければいけません。

増額申請の方法は消費者金融によって違いますから一概にこの方法で、ということは出来ませんが、とりあえずカスタマーセンターに電話をして担当者に直接依頼してみる、相談してみるというのが確実ですね。電話で申し込みが出来る場合も多いですし、もし書類での手続きが必要であれば郵送してもらうことが出来ます。

新規申し込みと同じようにネットで申し込みをするというケースもありますね。ホームページに会員ページがあればそこで手続きできるようになっていることも多いです。いずれの方法にしても特に難しいという事はありません。

ただ、増額申請をした後の審査は簡単に通るかどうかというのは消費者金融によります。そして、いくら審査に通りやすい、増額しやすいという消費者金融でも審査で落ちてしまう可能性はあるのです。

増額申請で審査に有利になるのは、1年以上の利用実績があって利用と返済をきちんと行っていること、特に問題を起こしていない事、他社利用がなく多重債務状態にないこと、収入が安定している事といった条件を満たしている人です。気温的には、新規申し込みで行われた審査と同じようにチェックされますから、自分の与信に問題が生じないように普段から心がけておくことが大切ですね。

【参考ページはこちら】
消費者金融の利用限度額をアップさせる方法

増額が簡単な消費者金融といえばどこですか?

消費者金融で融資限度額を増額してもらうことは可能です。ただし、増額が簡単な消費者金融とそうでない消費者金融があります。したがってまず、増額を希望している方はこの違いを理解しておかなければなりません。

増額が簡単な消費者金融とは、端的にいって、最初の申込時において審査基準が優しめに設定されているところです。消費者金融は銀行系に比べればどこも審査基準は緩くなっていますが、その中でも差はあります。

例えば、消費者金融系にも大手と中小がありますが、どちらかといえば中小の消費者金融系のほうが増額してもらいやすいでしょう。大手と中小では、最初の申込時の審査においても、すでに差があります。当然、大手の消費者金融より中小の消費者金融のほうが、初めの審査も緩いのです。したがって増額においても中小の消費者金融のほうが審査をクリアしやすいといえます。

とはいえ、無条件で増額が認められるわけではありません。中小の消費者金融であっても、増額が認められるための審査に通過しなければなりません。増額審査でどんなことがチェックされるかといえば、本人の属性と利用状況です。まず本人の属性についていえば、これは多岐わたる要素が絡んできます。

例えば、本人の年収や勤務先の規模などです。年収ががこれまでより多くなっていたり、勤務先の規模が大きくなっていると、その分返済能力が高まったと判断され、増額審査は通りやすくなります。

しかしその逆に、収入が減っていたり勤務先の規模も小さくなっていると、審査は不利になるといっていいでしょう。こうした属性の状況変化が審査を左右することになります。

一方で、利用状況も関係してきます。これまでの月々の返済状況が滞りなく行われていれば、信用力が認められて審査が通りやすくなります。しかし頻繁な遅延など返済状況が悪ければ、逆に審査が通りにくくなります。こうした2つの審査基準があることを覚えておくとよいでしょう。