警備員なんですけど、消費者金融を利用すること出来ますか?消費者金融って職業によって有利不利っていうのありますかね?

とりあえず出費が増える分だけの金額を借りれればいいと思ってます。

消費者金融の利用と警備員という職業には関係がある

消費者金融を利用するにあたって、申し込み者の職業が審査に影響する部分はあります。職が安定している公務員は比較的審査に有利とされていますね。収入が歩合制などで不安定であれば審査には不利と言われています。

では警備員はどうなのかですが、警備員として働いていて毎月一定の収入があれば職業自体が審査に不利になる事はありません。ただ、もしも消費者金融を利用した後に警備員としての職に就こうとした場合は少し関係が出てきます。

警備員が消費者金融を利用することは審査に特に問題ありませんが、逆に消費者金融を利用した人が警備員になりたいと考えた場合は、自己破産をした経験があれば警備員になることは出来ません。これは法律で決められている警備員の採用条件の1つなのです。与信に問題がある人は警備員になることは出来ないんですね。

これは正規雇用だけでなく、アルバイトで警備員になろうとする場合も同様です。警備業法という法律には、判断能力に欠ける状態であるため成年被後見人となっている人、精神的な障害で判断能力が欠けるため被保佐人となっている人、破産者の人はその職に就くことおは出来ないとしています。

消費者金融を利用していても、破産者じゃなければ就職することは可能です。ただ、だからと言って消費者金融を乱用していいという事にはなりません。警備員という職に関わらず、計画的な利用をしてトラブルにならないように注意しておくことは大切なんですね。

【参考ページはこちら】
様々な職業の方におすすめの消費者金融情報

契約の警備員でも派遣でも安定収入があれば消費者金融は大丈夫

お金が十分にあるので必要ない、と言う人は世の中にほとんどいません。一部の人を除き、皆何かしらのお金の悩みを抱えているのです。

仕方のないことですが、人は何をするにもお金がかかります。生活に必要なものを買うときはもちろん、仕事に必要なものも、結局、自分で買わなければなりません。お給料の中だけで月々十分に満足できる生活をするのは、とても難しいのです。

急な出費、というものがあります。生活費などとは別で、何らかの事情によって急に必要となるお金です。例えば、急に同僚や知人から食事に誘われた時、田舎の親族から冠婚葬祭の連絡が入った時、自宅の家電製品が急に故障した時などに発生する費用です。

これらは、たとえお金がなくても、放置するわけではいかないものです。食費などとは違って、食事を減らして済む問題ではありません。必ず一定金額がかかるものなのです。

こうした急な出費の時に、預貯金に余裕がない場合は、もはやアウトです。こうした事態に備えて、人は消費者金融とお付き合いをしていたほうが良いのです。

最近は消費者金融や銀行のカードローンというものがとても人気です。カードローンは、契約したからと言って必ずしもお金を借りる必要はないのです。必要になった時だけ、限度額の範囲内で借りることができるというとても便利なものなのです。お金の引き出しも返済も、その辺のコンビニや銀行のATMでできます。手軽で、身近な借金と言えるでしょう。もちろん借りなければ金利が付くこともありません。

契約するには審査があります。審査は、本人の職業や年収、他社からの借り入れ状況や信用情報などを確認されます。(こちらもご参考に→消費者金融の審査基準ってどうなってるの?

過去に大きな金融事故を起こしている場合、たとえば債務整理の履歴が確認された場合などは契約が少々難しくなりますが、基本的には普通の給与所得者であれば、審査で落とされることはありません。職業による差別もありません。一流企業の会社員でも、契約の警備員でも、派遣社員でも、安定収入さえあれば誰でも契約することができます。

いざという保険のためにも、まずは契約だけしておいたほうが良いでしょう。