消費者金融の法廷内金利って何ですか?どのくらいの金利になってて、違反したらどうなるんですか?

よく分からないので基本的な事を教えてください。

消費者金融が設定できる金利は法律で上限が決められている

消費者金融の金利というのは、どの金利にしなさいと決められているのではなく、この範囲内で設定される金利にしなさいと、ある程度は消費者金融側の裁量にゆだねられている部分があります。

上限金利について貸金業法の法定金利がありますので、その上限金利をおオーバーしないような設定をしなければいけないのです。現在の貸金業法では上限金利は20.0%までという事になっていますから、この金利を超えないような金利設定をしなければいけないんですね。

また、利用限度額や貸付金額によっても法定上限金利があります。10万円未満であれば20.0%、それ以上100万円未満であれば18.0%、100万円以上の場合は15.0%を上限としなければいけないというものです。

これを超える金利は違法となりますから、刑事罰の対象になりますし営業停止処分や貸金業としての登録を抹消される処分になる事もあります。貸金業法ではなく出資法という法律での上限金利は20.0%となっていますから、貸し付けにしろ出資にしろ200%を超える金利でお金を貸すという事は違法になるんですね。

以前は出資法の上限金利が29.2%となっていて貸金業法の上限金利との間に幅がありました。この幅での金利設定はグレーゾーン金利として問題視されていましたが、法律の改正により現在では貸金業法も出資法も上限金利が揃えられています。グレーゾーン金利で可仕入れをして現在も返済をしている場合は過払い金請求が可能な場合がありますから一度確認してみると良いでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の上限に関するおすすめ記事

消費者金融の法廷内金利ってなんのことですか?

消費者金融の法廷内金利について知らずに利用する方がいるとすれば、それはとても危険なことです。消費者金融の法廷内金利についてみなさんはご存知ですか?これは、消費者金融を利用する方が全てが知っておくべきポイントです。

まず法定金利とはなんでしょうか?これは、利息制限法という法律に基づいて定められた法定金利のことです。お金を借りる人に対して、金融業者はここまでしか利息を取ってはいけませんよと定めた、その決まりのことです。

その決まりが法定金利です。したがって、法定金利を超える利息を利用者から求めることは許されていません。またそれを行うならば、違法行為とみなされ罰せられることにもなります。

そして利用者の側としても、この法定金利について知っておかなければ損をすることになりかねません。例えば、法定金利を超える利息を請求されても、その法定金利のことを知らないなら、そのまま違法金利を払い続けてしまうことになるかもしれません。もちろんこれは過払いとなって、払いすぎた分の利息は請求することで返還してもらうことはできます。

しかし、そのまま気づかずに払い続けてしまうケースもあります。したがって、消費者金融を利用するときは事前に利率をよく見ておく必要があります。設定された利率に違法性はないかどうか、ちゃんと法定金利ないであるかどうかについて、注意深くチェックするようにしましょう。
(⇒消費者金融の金利幅ってどのくらい?

ただし、法定金利内であれば安心というわけではありません。法定金利内であっても注意は必要です。特に消費者金融の金利の場合は、法定金利の中にあっても特に高めに設定されています。よって、利用する前にしっかりと金利計算を行っておかないと、あとで返済負担を重くしてしまうことにもなりかねません。

特に長期で利用する場合には、必ず金利計算は行うようにしましょう。金利には利息制限法に基づいた法定金利があること、そして法定金利内であっても安心はできないこと、この2点を覚えておきましょう。