先日勤めていた会社が倒産して、現在無職です。仕事を探さなければいけないので、その期間の生活費を失業保険だけでは足りないので、消費者金融から借りたいと思っています。無職でも借り入れできるという触れ込みをネットで見たのですが、銀行系の消費者金融でも大丈夫でしょうか。

悪徳業者やヤミ金以外に無職で借り入れできるところはありません

大手はおろか、中小の消費者金融でも無職で借り入れできるところはありません。無職でも借り入れできるのは、悪徳業者かヤミ金です。貸金業を営む会社は、貸金業協会に所属しなければ、営業できないことになっており、あらゆる制約が課せられます。その中に収入の無い者への融資はできないという規定があるのです。
(⇒無職でも借り入れする方法とは?

また失業保険は収入とはみなされないので、注意が必要です。しかし会社に就職できなければ、アルバイト収入でも借り入れは可能です。収入が少なくても、他社から多額の借り入れや延滞がないかぎり、審査には通ります。ただ多重債務を防ぐために、平成22年に総量規制が施行され、年収の3分の1以上の借り入れはできなくなっています。

年収が150万円であれば50万円以上の借り入れはできません。これは他社からの借り入れも含めて考えるので、他社に20万円の借り入れがあれば30万円が借り入れ限度額ということになります。

ただ勤務先の規模や家族構成、居住形態によって属性が決まるので、消費者金融での借り入れは15万円前後が相場になっています。もしヤミ金からお金を借りてしまったり、多重債務に陥るような事があったら、金融庁の窓口相談に連絡しましょう。

【参考ページはこちら】
マイナーな消費者金融を利用するメリットはある?

現在無職の人でも消費者金融に申込できる裏技教えます

会社を辞めて、しばらくは失業保険で食べてきたけれど、失業保険の受給期間も終了し、今は働いていないので生活がとても苦しいという人もいることでしょう。なかなか希望通りの仕事を見つけるのは時間がかかるので、生活費を工面するのは大変です。貯金がたくさんあればいいですが、それもないという人は本当に困ってしまいます。

親や兄弟に何度もお金を借りたりすると、早く就職しろと口やかましいので、あまり借りには行きたくないという人もいるでしょう。そんな時は金融機関からキャッシングできるカードを一枚持っているだけで、簡単にキャッシングできます。キャッシングの申込みは、満20歳以上から65歳の人で、安定した収入のある人なら申込めます。(こちらもご参考に→消費者金融の利用年齢制限についてもっと詳しく!

現在無職の人でも消費者金融に申込める人は、配偶者に安定した収入がある場合です。消費者金融には総量規制があるため断られるケースもありますが、配偶者の同意書や収入証明書を提出すれば申込める業者もあります。他にも現在無職でも消費者金融に申込るのは、年金受給者です。

年金受給者でも安定した収入があれば、キャッシングできることもあります。しかし年金受給者の場合は年齢制限があるので、よく確認することが大事です。他にも派遣会社に登録しておけば、現在無職でもキャッシングできることもあります。しかし、派遣会社での勤務実態が確認できない状態でキャッシングの申し込みをすることは、難しいといえます。少しでも派遣会社で働いてから、キャッシングを申し込むようにするといいでしょう。

派遣会社に勤務している人の在籍確認の電話は、勤務先のの職場に電話するのではなく、派遣会社に連絡するようになっています。派遣会社では、本人の許可なしに在籍の有無を教えることはできません。なので、派遣会社に登録している人は、必ず前もって、在籍確認の電話がかかってくることを知らせておかなければいけません。現在無職の人は、キャッシングしても返済が大変なので、やはり安定した収入ができてから申し込みましょう。