友人が消費者金融から50万円の借り入れをしたのですが、返済できなくなりました。本人は警察に通報されるのではないかと思っているようで、借り入れしている業者に自分から電話出来ないということなので、僕が代わりに返済をもう少し待って欲しいと連絡しました。

しかしかなり暴力的な言葉でののしられたので、うまく交渉できませんでした。友人はあと1ヶ月あれば返済できる状態なのですが、これ以上遅れるとどの道悪い事が待っているような気がするのですが、どうなるのでしょうか。

返済が遅れても罪には問われませんので相談機関に連絡しましょう

返済が遅れても罪に問われることはないので、警察に通報される心配はありません。しかし返済が長期に渡って延滞すると、ブラックと呼ばれ、最長5年間、キャッシングやカードローン、キャッシュカードの利用ができなくなるので注意が必要です。(こちらもご参考に→ブラックでも借りられる消費者金融はある?

ただ返済できるのであれば、しっかりとその意思だけでも消費者金融側に伝える必要はあります。それでも聞き入れてもらえず、路頭に迷うようなことがあったら、貸金業協会に相談する事ができます。

また暴力的な言葉でののしられたとありますが、これは貸金業法で「暴力的な態度や罵声や暴言を吐く」事は規制されていることから、違反行為になります。身の危険を感じた時には、消費者生活センターや弁護士会、日本司法書士会連合会などの専門機関に連絡しましょう。

消費者金融の中には、貸金業協会番号を偽って掲げて営業している悪質な業者が多く存在するので、注意が必要です。大手の消費者金融であれば、親切丁寧な対応で接してもらえるので、安心です。

【参考ページはこちら】
消費者金融の借り入れ、ばれずにできる?

在籍確認の電話出来ない場合、消費者金融は利用できない?

消費者金融や銀行の金融商品であるカードローンを利用するためには、審査を受けてそれに通過しなければなりません。その審査に落ちてしまったら、当然ですがお金を借りることはできません。

お金を貸すことが仕事なのに、どうしてみんなに貸してくれないのか、と疑問に感じる人もいるかもしれません。しかし、もしも金融機関が誰にでもお金を貸してしまったら、万が一返してくれない利用者がいた場合に大きな損害を被ることになってしまいます。そのリスクを下げるためにも、審査の段階で不安要素のある人は落としておくのです。

審査の基準は各金融機関によって異なりますが、基本的には、その人にお金を貸してもちゃんと返してくれる、信用のできる人物かどうか、つまり返済能力があるかないかをチェックしています。そして、この審査の一環として行われるのが自宅や職場に金融機関の担当者から電話がかかってくる、在籍確認です。これがネックとなって、なかなかカードローンの申し込みができないという人も少なくありません。

またそういった人の多くは、会社や家族に自分が融資を受けようとしていることが発覚するのではないかと恐れています。しかし、在籍確認の電話出来ないとなると、やはり審査を通過することはできません。実際のところ、金融機関の担当者も申込者の周囲に知られたくないという気持ちを汲み取っており、会社名ではなく個人名で電話をかけてくることがほとんどです。

そのため、たとえ会社にかかってきた金融機関の担当者からの電話を他の社員がとったとしても、それが在籍確認の電話だと疑う人はよっぽどいないのです。ただし、実際に自分が利用した経験がある人や、勘の良い人にばれないとは限りません。どうしても心配だという人は、審査に在籍確認がない金融機関を選ぶようにしましょう。

とはいえ、在籍確認がないといえど、それに値する証拠を提出する必要はあります。一般的に、その会社の社員でしか持ち得ない社員証や会社のビルなどのセキュリティーカード、給料明細などの提出を求められます。