今、会社が不景気で給料が下がってしまったので、子どもの学費を消費者金融から借り入れしたいと思っています。公務員やサラリーマンであれば審査に有利だと聞きましたが、先日ある消費者金融に問い合わせてみたところ、どんな会社に勤めているのかということを聞かれました。

それ以上は話をしていませんが、会社の情報って申し込みに必要なのでしょうか。勤務している会社は決して大きくはないですし、赤字が続いているので、公にはしたくありません。もし嘘をつくとどうなるのでしょうか。

勤務先の住所や電話番号また社員の人数などの情報が必要です

消費者金融でお金を借りるには、安定した収入があることが重要ですので、勤務先の住所や電話番号、会社の規模も含めて、実際にどのような所で勤務しているのか具体的に申告しなければなりません。これらの情報がなければ実際に収入があるのか分からないので、審査には通りません。

勤務先が上場企業であったり、社員の人数が多ければ、審査には有利になります。また正社員として勤務していて管理職などの肩書きがあると尚信用度は上がります。ただ同じ収入でも自営業者よりもサラリーマンは借り入れがしやすいのは確かです。審査では会社への在籍確認を電話で行うので、嘘の情報を申告してバレると審査には落ちます。

また総量規制により、年収の3分の1以上の借り入れはできないので、人によって借り入れ限度額が変わってきます。審査では他社からの借り入れ状況も厳密に調査されます。例え収入が多くても、他社から多額の借り入れがあったり、延滞していると審査は厳しくなるので、借り入れもなく収入も安定していれば、ほぼ審査には通るので心配はいりません。

【参考ページはこちら】
消費者金融の仮審査に通れれば大丈夫?

消費者金融からお金を借り入れるには、勤務先情報の入力が必要

消費者金融のキャッシングを利用することで、お金の融資を簡単に受けることができますので、近年は幅広い世代の方に人気となっています。

消費者金融のキャッシングを利用するために申し込みをすると、金融業者の審査を受けることになります。

審査では申し込み者の個人情報について調べられることになり、様々な項目についてチェックを行うことで貸し付けを行ったお金の返済能力があるかどうか確認されることになります。

多くの消費者金融では申し込み可能な年齢条件が設定されていますので、その年齢の範囲内の人しか融資を受けることはできません。

また、収入を得ているかどうかも融資を受けることが可能かどうかの大きな要因になります。

職業の形態に関わらず、アルバイトやパートなどの正規職員でなくても仕事をして収入を定期的に得ていることで、金融業者のキャッシングの審査が通りやすくなると言えます。

主婦や自営業者、年金受給者の人がキャッシングを使ってお金の借り入れを行いたいときには、利用条件にそれらの職業が記載されている金融業者を選択して申し込みをすることがおすすめです。

審査の項目としては年収や年齢の他に、勤務先情報や、勤続年数、家族の構成や保険の種類などの情報も確認されます。

申し込みの審査とともに、消費者金融業者は入力された勤務先情報を元に、電話確認や在籍確認を行って勤務先に申し込み者本人が在籍しているかどうかの確認をします。

在籍確認では借り入れ希望者が会社に在籍していることが確認できれば良いですので、本人に確認が取れなかったときであっても、同僚や上司に確認ができれば融資を受けることが可能です。

会社の人に消費者金融のキャッシングを利用していることを知られたいない場合には、在籍確認なしで融資を受けることができるキャッシングサービスを選択する必要があります。

キャッシングを利用するためには、氏名や住所、電話番号などが確認できる健康保険証や運転免許証などの本人確認書類の提出が必要になります。