会社の同僚と結婚することになったので、新婚旅行の費用を消費者金融から借りたいのですが、必要書類が良く分からないのと、手続きがめんどくさいので、できればシンプルな借り入れを希望したいです。人にも借り入れの事は知られたくないので、店舗には行きたくありません。ただ申し込みの当日に借り入れができるというのは本当でしょうか。

身分証明書があればネット申し込みで即日融資可能です

大手の消費者金融であれば、ネット申し込みが一般化しています。必要書類も身分証明書だけなので、FAXや写メなどの画像データとして送れば大丈夫です。また即日審査・即日融資が可能で、最短30分で融資できるところもあります。中小の消費者金融でもネット申し込みができるところが増えてきました。

ただ借り入れ額が50万円以上、また他社からの借り入れも含めた総額が100万円以上になる時は、収入証明書の提出が必要になります。借入限度額は、収入や借り入れ状況によって決まりますが、年収の3分の1以上の借り入れはできないので、年収が240万円だと80万円以上の借り入れはできません。

また定期的な収入がないと借り入れはできないので、勤務先に電話をして、在籍確認を行っています。ただ大手の中には、収入証明書の提出で、在籍確認はしないところも増えていますので、借り入れ前には必ず確認しましょう。

悪質業者も多く存在しているので、中小の消費者金融から借りる時は、ホームページがあれば、貸金業登録番号を確認しておくことをお勧めします。貸金業登録番号があれば、金融庁のホームページで悪質業者の検索ができるので、便利です。

消費者金融の審査の際の必要書類について

突然、現金が必要になった時に、いつでも手軽に現金を借りる事ができるキャッシングやカードローンがあれば、お金がない事で慌てたり、困ったりする事がなくなります。そんなキャッシングやカードローンを利用したいと考えたら、銀行や消費者金融で審査を受ける事になります。

その方法は、店頭や契約機などの他、WEBや携帯、スマートフォン、郵便や電話等の方法があります。店頭や契約機、WEBからの申し込みであれば、最短30分で結果が分かり、良い結果であればその日のうちに現金を借りる事が可能となります。ただ、即日借り入れをしたいと考えた場合、営業時間内に申し込む事も大切になってきます。

そして、実際に申し込みを始める際は、手元に必要書類を用意しておく事がお勧めです。必要になってくる書類は、借入をしたい金額、そして他社からの借入があるかどうかによって変わってくる事になります。

消費者金融などの場合、50万円を超える借入を希望する場合、源泉徴収票や確定申告の控えといった収入を証明する書類が必要になってきます。他社から既に借入がある状態で、希望する限度額が、他社と合計で100万円を超える場合なども収入を証明する書類が必要となってきます。銀行の場合は、200万円や300万円等まで収入証明が不要という事が多くなります。

収入証明が不要な場合でも、必ず必要になってくる書類が、身分証明書です。免許証やパスポートなど、一般的な身分証明書で問題ないのですが、公務員や大企業勤務といった場合は、健康保険証を提出すると、審査が有利に進みやすくなります。(こちらもご参考に→公務員は消費者金融の審査に有利?

健康保険証を見れば、公務員か、大企業に勤めているか、一般企業か等の情報が分かります。ですから、公務員や大企業勤務の場合、保険証が勤務先の証明となります。それとは反対に、国民健康保険の場合、信用が低いと見なされ、マイナス評価となる可能性があるので、免許証等を提出するようにしておく事がお勧めです。

【参考ページはこちら】
公務員が優遇される消費者金融ってあるの?