先日、消費者金融に借り入れの申し込みをしたのですが、勤務先の電話番号を聞かれたので、聞いてみると勤務先に電話して在籍確認をすると言われました。在籍確認の事は知らなかったので、一端申し込みをやめたのですが、お金を借りないと生活していけないので、すごく困っています。

他の消費者金融にも問い合わせると、在籍確認は必要と言われました。しかし会社に電話されて、借り入れのことを同僚や上司に知られたら、何を言われるか分かりません。誰にもバレずに借り入れをする方法はないのでしょうか。

大手の消費者金融であれば在籍確認をしないところもあります

大手の消費者金融であれば在籍確認をしないところもあります。ただ直近の給与明細書の提出が必要になります。ただ在籍確認と言っても会社にかかってきた電話に本人が出れなくても、そこに勤務している事が分かりさえすれば、大丈夫なので「○○は離席中です」というような返答でも在籍確認は終わります。

本人が出れば住所と生年月日、電話番号を聞かれるだけなので、1分もかかりません。また借り入れをすると、残高明細書が自宅に届くことになりますが、これもWEB明細に切り替える事ができます。WEB明細はメールでファイルが送信されるので、家族にもバレずに済みます。

借り入れの際には、個人情報や借り入れ状況などの信用情報を提示する必要があり、これらは全て信用情報機関で管理されることになります。信用情報機関には全ての金融機関が加入しているので、他社からの借り入れ状況なども把握されてしまいます。嘘の申告はすぐにバレますので、注意しましょう。
(⇒嘘の収入で申込んだらすぐにバレる?

【参考ページはこちら】
在宅確認で本人以外が電話に出たらどうなる?

消費者金融を周りにバレずに利用したいと考えたら

急に現金が必要になった時などに、手軽に必要なお金を借りる事ができて便利なのが、キャッシングやカードローンです。担保や保証人なしに利用する事ができるので、誰でも手軽に利用できる事でも人気です。

ただ、キャッシングやカードローンを利用する事、利用している事を、周りの人に気づかれたくないという人も少なくありません。その事は、消費者金融などの業者も理解しており、安心して利用して貰う為に、周りの人にバレない工夫をしてくれています。

キャッシングやカードローンの利用を気づかれる可能性があるのは、審査の時と、返済が遅れた時です。担保や保証人を必要としないキャッシングやカードローンでは、借り入れをする人がしっかりと働いている事が重要になり、その為、申告があった企業に本当に在籍しているかどうかという事が重要になってきます。その為に行われるのが在籍確認です。(こちらもご参考に→消費者金融からの連絡に関するおすすめ記事

在籍確認とは、業者のスタッフが、申告があった企業に電話をし、その人が本当に在籍しているかを確認する作業です。ただ、消費者金融名などは名乗らず、個人名で電話をし、審査を受けている人を呼び出して貰うだけなので、ほとんどバレる事はありません。この際、本人が電話に出る必要はなく、席を外しています、などいる事が分かる返事を聞ければそれで確認は完了となります。

ですから、電話があってもすぐには業者名を名乗らない為、消費者金融等を利用している事を誰かに気づかれる事はありません。郵便物も同じで、封筒には業者名は印刷せず、無難に見える企業名等を印刷指定あるので、気づかれる事は殆どありません。

ただ、返済が遅れた場合は、そうした配慮の対象とならない可能性もあるので、バレずに利用したいと考えた場合、遅れる事なく返済をしていくという事が大切になってきます。返済が遅れると、信用情報の傷がつく可能性もあるので、返済が遅れそうと感じたら、その時点ですぐに業者に連絡をし、返済をする意思がある事を伝えておく事が大切です。