給料の半分をギャンブルで使ってしまいました。妻には、再三今度やったら離婚すると言われているので、何とかお金を借りて、補填をしなければなりません。そこで銀行を考えたのですが、高い給料を貰っているわけでもないし、ギャンブルをやっている時点で借してくれるとは思えません。

そこで消費者金融であれば貸してくれるのではないかと思ったのですが、申し込みをすると自宅に本人確認の電話が来ると言うことで、躊躇しています。また送付物も困るので、妻にバレないようにするには、どうしたらいいでしょうか。

電話は基本的に携帯にかけるので心配いりません

自宅への電話は基本的に携帯にかけるので、心配いりません。万が一奥様が出られた時でも、社名を名のらずかけるので、大丈夫です。もし用件を聞かれたら、その場の状況にもよりますが、うまく話をして電話を切るようにしています。また送付物にも会社名は記載せず、会計コールセンターや事務センターというように、消費者金融であるとは分からないようにしています。

毎月の残高明細も不要であればWEB明細に切り替える事ができますし、自動支払機で返済すれば、その時に明細が発行されるようになっています。ただ借り入れ目的がギャンブルに関することだと、審査には不利になりますので、希望額に満たない融資額になることもあります。

また総量規制により、年収の3分の1以上の借り入れができないことになっているので、年収が150万円だとすると50万円以上の借り入れはできないことになります。

【参考ページはこちら】
消費者金融からの連絡に関するおすすめ記事

消費者金融の在宅確認がばれたくない場合は

家族がいるとどうしても気になってしまうのが在宅確認でしょう。同居人や家族に借金をしている事がばれるのはあまり、喜ばしいことではありません。人によっては、こっそりと借り入れをしたい方も多いはずです。

しかし、消費者金融から借り入れをするとなると確実に在宅確認はなされます。そうなると、やはり同居人に、ばれる可能性は高くなります。

まず、たとえ自宅に在宅確認の電話が来ても、すぐに借金であるという事はばれません。消費者金融もわざわざ、消費者金融何々と名乗って電話をすることは無いのです。大抵の場合は、担当者名義で電話がきますので、借金であるということはばれません。

しかし、これでは借金がばれることはなくなるのですが、怪しい電話が来ることで怪しい目線を向けられるのは避けられませんよね。

どうにかして、ばれないようにすることはできないのでしょうか。一つの方法が連絡先を自分の携帯にしてしまうという方法です。こうすれば、自宅に掛っては来なくなるのですが、自分の携帯で本人確認ができるようになるのでばれることはありません。

携帯電話なら、いつでも持ち運びができますし他人が携帯電話を取ろうなど絶対に起こりえません。ですので、在宅確認の電話は携帯電話で登録してもらうのが一番良いかもしれませんね。

このように、消費者金融に借り入れやキャッシングの申し込みをしますと審査の最終段階で在宅確認が来るようになっています。しかし、家族と一緒に暮らしているとどうしても、家族に借金がばれてしまう可能性も出てくるでしょう。もちろん、すぐにばれることは無いので安心して大丈夫です。
(⇒親にバレずに借り入れしたい方におすすめ記事

ですが、変な電話が来たことで怪しまれたくないのでしたら、確認の連絡先を携帯電話にしておくのが一番いいかもしれません。そうすることで、家族が電話に出るのを防ぐことができますし、ばれることはありません。自分が対応出来るので担当者の方もすぐに確認が取れるはずです。