今年社会人3年目で車が欲しくなったので、消費者金融に借り入れの申し込みに行きました。イメージでは、契約したらその場でお金を貸してくれると思っていたのですが、自宅と会社に電話すると言うのです。自宅は住所確認で、会社は在籍確認とのこと。

まず自宅ですが、昔から借金だけはするなと言われてきたので、タイミングよく自分が電話に出れればいいのですが、親が電話に出てバレてしまったら、家を追い出されるかもしれません。また在籍確認も困りますし、自宅への送付物も止めてもらいたいです。

住所確認も在籍確認も個人名でかけるので大丈夫です

住所確認も在籍確認も会社名を名乗らず、個人名でかけるので、本人以外にバレることはありません。もし家族が出て用件を聞かれたら、うまく話をはぐらかして、電話を切るようにしています。本人が出れば生年月日を確認するだけなので、すぐに終わります。自宅への送付物も、明細関係はWEB上で確認できるようになっています。会社への在籍確認は、収入証明書の提出で回避することも可能です。
(⇒増額審査の時も在籍確認はあるの?

貸金業法で「借り入れの事実を第三者に知られてはならない」という規定があるので、消費者金融側も様々な配慮をしているのです。ただWEB明細や提出書類による在籍確認の免除は、大手の消費者金融では可能ですが、中小の消費者金融だと難しくなります。(こちらもご参考に→小さい消費者金融と大手消費者金融、どっちがいい?

大手はネットワークシステム網がしっかりしているので、ネット申し込みで最短30分での融資が可能なところもあります。大手消費者金融は銀行と提携することによって、莫大な数の顧客を得る事ができ、同時に融資のシステムも発展しました。ネット申し込みで、家にいながら自分の銀行口座にお金が振り込まれると言うのは、システム開発に莫大な資金を投資できる大手の強みと言えます。

【参考ページはこちら】
勤務先の情報は消費者金融審査に関係してるの?

消費者金融を利用した場合は親に連絡くる?

誰だって親に借金していることがバレたくないと思うものかもしれません。親が厳しいと言うことであればなおさらです。誰にも知られたくないということは誰にだってあることですが、それを親にバレてしまったら大変なことになりかねないでしょう。もしも、消費者金融を利用したばあい、親に連絡くる?かどうかを知っているでしょうか。

この点に関しては、あまり心配しすぎる必要はないのかもしれません。基本的に、他に人にばれるような方法で連絡が来ることがないからです。親と同居している人の場合は、もしも、郵便物が自宅に届いてしまったら、封筒の社名でばれてしまうとひやひやするかもしれません。しかし、封筒に社名が入っていることがありませんから、あまり問題はありません。封筒の中身を見ない限りはばれないでしょう。
(⇒人にバレずに消費者金融で借り入れする方法

電話がかかってくるのではないかという不安があるかもしれません。自分の携帯電話番号を登録しておけば、そちらに電話がかかってきますので、親に連絡が来るということはほとんど考えられないことです。何かあれば、自分の携帯電話に連絡が来るので、親どころか誰にも知られることがないと言っても過言ではありません。

ただし、絶対に親に連絡が来ないとは限りません。考えられるのは、返済が滞った場合です。さすがに、返済が滞れば電話がかかってくる可能性は極めて高くなります。最初は自分の携帯電話だけで済みますが、なかなか返済されないとなれば、それでは済まなくなってしまいます。

たとえ、実家の連絡先を消費者金融に伝えていなかったとしても、調べられてしまい、親に連絡がいってしまうことも出てきます。つまり、しっかりと返済さえしておけば親に連絡が来ないというわけです。余裕を持って返済計画を立てた上で消費者金融を利用すれば親にも誰にも知られなくて済みます。延滞しないようにくれぐれも注意しましょう。親と同居しているしていないにかかわらず延滞しないように気を付けてください。