モニター会社を起業したいのですが、300万円の資金が必要です。事業計画書も専門家に相談しながら作成して、銀行から融資してもらうつもりでした。しかし従業員の確保についての記載があいまいだったため、審査に落ちました。

そこで消費者金融で資金調達できないかと考え、銀行系の会社に申し込みました。ところが、個人で他社から借り入れしていたことがバレて、そこでも審査に落ちました。あとは独立系の消費者金融に頼むしかありませんが、実際に300万円もの大金を融資してくれるところなどあるのでしょうか。

事実を正しく申告すれば最大500万円までの借り入れが可能です

銀行系の消費者金融でも個人での借り入れがあるのであれば、その事実を正しく申告すれば大丈夫です。事業資金の枠で新規申し込みをすれば、最大500万円の借り入れが可能になります。会社によって異なりますが、保証人や不動産担保が必要になることもあるので、事前に問い合わせすることをお勧めします。

多額の借り入れをすると、金利も下がりますが、返済期間を長期に設定してしまうと、1ヶ月の返済額は少なくて済みますが、払う利息が増えていくので、返済シュミレーションを活用して、利息の合計を確認しておきましょう。

事業資金のための借り入れと言うのは、通常決算書が必要になりますが、起業のための借り入れであれば、創業計画書と身分証明書があれば申し込みできます。ただ300万円の借り入れということですが、中には悪徳業者も多く存在しますので、注意が必要です。たとえ大手の会社であっても、貸金業登録番号を控え、金融庁のホームページで、正規の消費者金融であるのか、しっかり確認することが必要です。

【参考ページはこちら】
開業資金を消費者金融で借りることはできる?

起業をする時の消費者金融業者のキャッシングとは

起業をする時にはどうしても経営の軌道に乗るまでは、資金面で安定感が無い状況となります。その為消費者金融業者などを利用しながら借入を行っていく事で、困った資金難を何とか良い方向へと導いてくれる状況となります。

起業してまもなくは、やはり売り上げなどのお金が安定していない事もあって、銀行などからの借入も断られる事もあったりする様です。その為資金調達として一番頼りになる所がやはり消費者金融業者と言う事となります。

大手や中小の金融業者などの借入により会社経営が安定するまでは、やり繰りに関しては特にキャッシングカードで助けてもらう事も多くなります。どうしても材料費や経費などの部分が売上げの入金より先に支払を行わなければいけない状況となれば、自ずとお金が足りない状況となります。その為にはやはりしっかりと考えて借入を行える場所を確保して置く事で、安定的に経営をお子なっていく事となるでしょう。

起業を行う所すべてとは言いませんが余裕が無く起業した会社であれば、やはり消費者金融業者の借入に頼っていく事はとても重要なポイントとなっていきます。会社として経営を安定させる事が第一の目標となっていく為に、起業としてしっかりとしたスタンスで資金のやり繰りを行っていきながら、困ったら消費者金融業者などに頼んでみると言った所は良い活用法となって行きそうです。

徐々に資産を増やしていきながらお金も借りずに経営が出来る様な状況となれば、それは一安心の状況となって行きます。そう言った安定的な経営が行える状況となれば、そこである程度お金を貯めて言って徐々に資産を広げる形で事業規模なども拡大したりする事で売上げのアップを図る事も考えられます。

そう言った時にはある程度実績も積んで会社経営を行えていると言う事で、消費者金融業者だけでなく銀行の方でも借入が出来る状況となるのかも知れません。そうなれば安心の会社経営となりそうです。