消費者金融で借金をする場合、電話での審査があると聞きました。電話での審査は必ずあるもので、避けることはできないのですか?もし会社に電話がかかってきて、会社の人に借金をしたことをさとられたくありません。

消費者金融は在籍確認の審査が必ずあります

消費者金融から借入れる場合は、必ずと言っていいほど電話での在籍確認が行われるのです。この審査に通ることができないと借入することはできないので、お金を借りたいのであれば必ず通らなければいけない道です。この電話では、あなたが本当にその会社で働いているのかの確認を行う電話となっています。

あなたが在籍しているかの確認ですが、自分自身ででなくてもOKなので知らないうちに終わってしまっていることもあるわけです。会社の人にさとられたくない、ということは消費者金融に申し込むたくさんの人が思うことで、消費者金融の人もばれないように電話をしてきてくれるのです。だからもし電話がかかってきたとしても、あまり心配しなくても平気。

この在籍確認の電話は必ずあるといいましたが、最近では避けることもできるようです。(こちらもご参考に→会社にバレるのが嫌な人向け消費者金融情報)大手の消費者金融でのことなのですが、職場に在籍していることがわかる書類を提出することで避けることができるとのことです。電話がかかってくるのが本当に嫌なら在籍確認を避けることができる消費者金融に申し込みをしてみるといいですよ。

消費者金融で借入するときには、必ず在籍確認の審査が行われますが、電話での確認は避けることができます。避ける場合は、書類が必要になるので在籍をしていることがわかる書類を用意しておくようにしましょう。

【参考ページはこちら】
在宅確認で本人以外の家族が出たらどうなる?

消費者金融からの確認電話で借金がばれそうで怖い

消費者金融にはじめて融資を申し込むと、確認電話が入ることがあります。それによって、家族や会社に借金がばれてしまうのではないかと恐れている人がいるようです。

電話確認自体をなくせるケースもありますし、また最近では携帯電話が普及したので、自分の連絡先を携帯電話にすれば問題はありません。仮に自宅の電話にかける場合でも、消費者金融からの電話と察知されないように、個人名で電話をしてくれるので安心です。

ただ、会社に在籍確認の電話がかかることもあります。これは自己申告した会社に本当に勤めているかの確認なので、仕方ありません。返済能力の有無を測る一手段だからです。どうしても嫌なら社員証やタイムカードのコピーなど、その会社に在籍していることが確認できればオーケーな場合もあるようです。

ただ、在籍確認と言っても、「消費者金融のなにがしですが、カードローンについて確認があるので、Aさんいらっしゃいますか。」というぶしつけな電話をすることは絶対にありません。プライバシーを考慮して、個人名や保険の外交員を装って電話をしてくれます。

また、異性からの電話では不審に思われるという配慮から、男性の利用者なら男性の担当者からの連絡をしてくれるという金融機関もあるほどです。また、経験豊富な事務員さんなどは、そういった電話に勘付いてしまうケースもあるようですが、単にキャッシングをすることは悪ではないので、問題ありません。

このように消費者金融から電話が入る際は、プライバシーを配慮した応対をしてくれるので、それほど気にすることはないのです。

ただし、ローンの返済が滞ってブラック入りすると話は別です。(こちらもご参考→消費者金融のアレックスはブラック対応?)通常、会社に返済の催促の電話はいきません。ただ、昇進審査などの際、調査が入り金融事故の有無なども調べられることがあります。そうなると、昇進はなかったことになりかねませんし、社会的信用度が下がってしまいます。そうならないように、キャッシングなどの利用は計画的に行いましょう。