会社を起こしたいので、事業資金を消費者金融で借りたいのですが、可能でしょうか。

消費者金融でも事業資金の融資を行っています

消費者金融でも事業資金の融資を行っています。銀行は審査が厳しく借り入れまで時間がかかりますが、消費者金融では即日審査・即日融資が可能です。借り入れ金額の上限は300~500万円ですが、独立系の消費者金融であれば、最大1億円まで適応されます。

事業資金枠で申し込むと、総量規制(収入の3分の1以上の借り入れができない)がかからないので、個人用の借り入れに比べると多額の借り入れが可能になり、金利が下がります。ただネットでの申し込みができないのと、無利息期間などのサービスはありません。
(⇒事業者向けローンは消費者金融にもある?

提出書類として、身分証明書の他に確定申告書が必要になります。会社によっては、事業計画書や決算書が必要になる場合もあります。独立系の消費者金融では多額の借り入れができますが、保証人や担保が必要になります。

事業資金の借り入れは中小の消費者金融でも可能ですが、中には違法な金利で融資を行う業者もあるので、金融庁のホームページで貸金業者情報を確認することが重要です。まず正規の消費者金融であれば、必ず貸金業番号の登録をしていますが、貸金業番号を偽って表示している業者があるので、注意しましょう。また日本貸金業協会のホームページでは、やみ金業者を検索できるサービスがあり、業者名、電話番号、住所、FAX番号のいずれかを入力するだけで、検索できます。

もし悪質業者からお金を借りてしまったら、ただちに警察に連絡することをお勧めします。

【参考ページはこちら】
最近の消費者金融はイメージがよくなってきた?

会社起しのときに消費者金融を活用して現金を借りる

現金に関する問題を抱えている人は多いです。そのため、若い世代の男性を中心として消費者金融を利用する人が増えています。上司からの誘いを断れない、生活費が必要、結婚式への参加費用が必要といった多くの理由があります。現金に関する問題を解決する一番の方法は、消費者金融を利用することです。企業と正式に契約をすることで、安心してお金を借りることができます。
(⇒消費者金融の利点ってどこ?

大きなビジネスチャンスが起こっている時でも必要が金額を借りることができる可能性が高いです。例えば、会社起しをしようと考えた時です。絶対に稼ぐことができるビジネスプランを考えても、会社を始めるだけの資金がなければどうにもなりません。

その問題を解決することができるのが消費者金融です。大手企業を選ぶことで、借入限度額も大きく設定される確率が高くなります。そのため、多額の資金が必要な場合でも現金を借りることができます。利用する目的は問われないことが一般的なので、会社起しにも使えます。

大きな金額を借りる時には、借入限度額と金利に注意しなければいけません。借入限度額は、自分が必要な金額を企業が貸してくれるかをチェックするのです。また、審査の基準が甘い企業ほど、借入限度額を大きく設定してくれます。金利は、利息に直接関係してくるものです。会社を立ち上げる場合には多額の資金が必要です。返済が長期化することも考え、金利がなるべく低い企業をさがすべきです。理想としては、借入限度額が大きくて金利が低い企業を選びましょう。

消費者金融を利用する場合は、必ず返済計画を立てましょう。借入金額、金利、利息、借入期間を明確にします。そうすることで、どの程度の支払いで完済できるかを知ることができます。借りていることを自覚するためにも自分で計算をして、申し込みをする前に返済計画を立てましょう。会社を立ち上げたら、借りたお金の返済を一番に考えて返済を行っていくことで、短期間で完済ができます。