夜の仕事をしているのですが、消費者金融を利用したい。夜の仕事をしているとお金を借りることは無理?お金に困っていて、借金したいけど審査に通るか不安。夜の仕事でも借りられるのか教えてほしいです。

夜の仕事でも消費者金融で借金は可能

消費者金融は毎月安定した収入がある20歳以上の人になら融資してくれる。今はアルバイトやパートの人にも融資してくれるくらいだから夜の仕事をしていても借金はできる。「夜の仕事」といってもいろいろあると思うが毎月安定した収入はあるだろうか。夜の仕事だと、安定しない仕事もあるからここらへんは注意する必要がある。

上記に書いた通り消費者金融で融資する場合は毎月の安定した収入が必要だ。収入が安定していなかったりすると、融資してもらえないこともある。夜の仕事をしていても、借金は可能だが審査に落ちることもあるから覚えておこう。まあ借金するときは誰でも審査に落ちる可能性があるのだが。
(⇒消費者金融の審査基準についてもっと詳しく!

消費者金融で借金する場合は、在籍を確認する電話があるのだが、夜の仕事の種類によってはこれがネックになることもある。仕事場に在籍しているのか確認が取れないと融資してもらうことはできないから注意。事前に職場の人に行っておいたりして対応しておこう。在籍確認に対応してくれればいいが、対応してくれないところもある。そういった場合、正直借金は難しいが、融資できる方法もある。

最近の消費者金融は、書類を提出して在籍確認を行うことができる。在籍しているかわかる書類があるならこの方法をとることが可能。書類での在籍確認をやっているか、消費者金融に相談してみるといいだろう。「夜の仕事」をしていると、融資することはできないイメージがあるが、実際にはそうでなく借金も可能だ。借金したいならよく詳細を調べてから審査を受けてみたらいい。

【参考ページはこちら】
様々な職業の方におすすめの消費者金融情報

夜の仕事だからと言って消費者金融の審査に落ちることはない

今や若者から年配者まで、まるで銀行のキャッシュカードやクレジットカードのように、カードローンを利用しています。テレビでも雑誌でも、有名なタレントが起用されて広く宣伝されていますよね。かつてのサラ金から、今や消費者金融は実に人々の身近な存在となってきました。

カードローンは、契約だけしておくと、様々な場面で役に立ちます。もちろん余分なお金を持っていれば使うこともないのですが、なかなかお金に余裕のある人は多くはありません。いざという出費のときに、カード一枚あると、大人の体裁を保つことができるのも事実です。

さて、以下に便利とは言っても、それが借金である以上は必ず審査を通過しなければなりません。審査に落ちるとカードを持つことができません。よく、夜の仕事の人は審査に落ちるという噂を聞きますが、それは果たして本当なのでしょうか。
(⇒夜間に借り入れできる消費者金融もある?

そもそも、消費者金融は何を基準にして融資を行っているのかを知る必要があります。少なくとも、一人でも多くの人を顧客にして売り上げを伸ばしたい、と言う意図が前提にあることを忘れてはなりません。申し込みをしてきた人を、できれば審査で受からせてあげたいのです。それが営業につながるのですから。

消費者金融は、その人の将来の収入の安定性を根拠に融資を行います。当然のことですよね。安定的な収入が見込まれるということは、遅滞なく金利とともに返済をしてくれるという証拠でもあります。夜の仕事は、果たして収入の安定性がないのでしょうか。

職種がなんであれ、未来のことなど分かりません。過去、そして現在の収入がどうなのかを見て、未来を判断するしかありません。夜の仕事とは言え、その収入が安定的な人は大勢います。街の至る所に古いスナックなどが営業していることを見ても、意外に安定収入の経営者は多いのです。経営が安定的だと、そこで働く従業員の給与も安定的です。

したがって、夜の仕事だからと言って、それだけを理由に審査に落ちることはありません。要は、どんな仕事であれ、過去と現在の収入に安定性が見えるかどうか、それだけなのです。