消費者金融を現在利用しているのですが、ちょっと困ったことが起こりました。まだ借金が残っていて返済しているところだったのですが、失業してしまいました。この場合どうしたらいいのですか?

消費者金融で借金返済中に失業した場合

消費者金融の借金を返済中に失業してしまった場合は、貯金があるのであれば返済していくことは可能。あなたは貯金はあるのでしょうか。これからどうするかわかりませんが、まずは借金している会社に連絡をしておくようにしましょう。借金を返済中なら仕事を探すことが大切。借金を返せないということがないよう注意してくださいね。

消費者金融は毎月安定した収入があれば借金することができる。アルバイトやパート、派遣でもOKということである。すぐに正規の職員になることは難しいと思いますのでアルバイトやパート、派遣で収入を得るというのはどうでしょうか。あなたが借金しているところは消費者金融なので、その場合は限度額が下がってしまうこともあると思いますが。
(⇒消費者金融を利用しているのはどんな職業の人?

収入がなくて、返済ができなくなってしまうよりはまし。借金を返せていないと最悪お金を貸してもらえなくなることもあるから注意しましょう。消費者金融等で借金がある状態で失業してしまう人は少なからずいる。その場合はまずは連絡をする。そして新しい仕事を見つけることが重要です。

また個人の情報、勤め先などが変わったら必ず変更の手続きは行っておくようにしましょう。これはWEBからもできるようになっている場合もあるからすぐに行うことが可能。WEB上にも借金中に失業してしまった場合の情報はたくさんあるので、調べて参考にしてみると対応策を詳しく知ることができます。

【参考ページはこちら】
無収入でも借りられる消費者金融はある?

消費者金融の利用中に無職になった時はどうなる?

消費者金融は、無職だと利用することはできません。収入がない状態なので返済が難しくなりますから、利用できないのは当然といえるでしょう。無職の時は、働いている時よりもお金が必要になる機会も多くなります。ですが無職だと申し込みをしても審査に通ることはないので、消費者金融を頼る前に仕事を見つけましょう。

しかし無職だと利用できないのは、申し込みをする時点の場合です。正社員として働いている時に申し込みをして一旦審査に通れば、その後転職やリストラなどで無職になった時でも利用することはできます。無職だと収入がなく、返済をするためには貯金などを使わなければいけないので、実際にはあまり利用するべきではないでしょう。しかし無職になった時にお金に困ったら、最後の手段として利用してください。

また転職をした直後は、たとえ正社員でも審査が厳しく借りられないこともあります。転職活動中もお金が必要になることもあるので、もし転職をするつもりなら、退職前に申し込みをしておくのも良い方法です。退職前に申し込みをしていつでもお金を借りられるようにしておくと、生活費や転職のためにお金を使うことができます。

ただし消費者金融に借金がある状態で無職になった時は、すぐに連絡をしてください。毎月一定の収入がないと、これまでのように返済をすることが難しくなります。そうなると、返済期日に間に合わないこともあるでしょう。無職になったと連絡するのは、言い出しづらいことかもしれません。しかし、キャッシングなどは消費者金融との信頼関係で成り立っているので、必ず連絡をしてください。

事前に正直に話しておくと、返済しやすくなるよう相談にも応じてくれます。状況次第によっては、返済期日に遅れそうな時にも大きな不利にならないように対応をしてくれることもあるでしょう。借り入れがある状態で無職になった時は、迷わず消費者金融に連絡して無職になったと伝えてください。
(⇒失業中でも利用できる消費者金融はある?