消費者金融には、独立系というものがあるのですか?独立系っていったいなんなのでしょうか。独立系とそうではない消費者金融に違いがあるのであれば教えてほしいです。

消費者金融の独立系について

確かに消費者金融には「独立系」というものがありますね。独立系は、銀行と提携したりしないで自分だけで頑張っているといったような意味。最近の消費者金融は銀行と提携したりしているところが増えてきています。この独立系の消費者金融は少なくなってきているようです。

提携するところのいいところは、やはり提携しているところからサポートを受けられるといったことでしょうか。サポートしてくれるところがあれば、やはり利用したい人も安心だし、できれば独立系でないところを利用したいと思うはず。しかし、独立系の消費者金融を利用していて、もしその会社に何かあったら上記のとおり提携したりするのでお金を借りているところがなくなるということはないのです。

だから利用する場合は独立系だとか、あまり気にしなくてもいいのではないかと思います。最近は、銀行などと提携している消費者金融が多いので、選択肢も多いです。それでも独立系を利用したくないのであれば調べてみればいいです。「消費者金融名 独立系」などで検索すれば独立系なのか、そうでないのかすぐに調べることができます。

気になるのであれば、ご自分で調べてみてください。独立系とは銀行などと提携していない消費者金融のこと。利用する場合は独立系かそうでないかはあまり気にする必要もない。といったところでしょうか。参考になったでしょうか。ご自分でも一度調べてみるようにしましょう。

【参考ページはこちら】
その他金融業者で借り入れしたい方におすすめ記事

独立したばかりの人は消費者金融に状況を説明のうえ申し込む

身分が会社員であるならば、消費者金融の審査で落ちるということは、まず考えられません。落ちるとすれば、過去に債務整理がある、いわゆるブラックという人たちです。会社員でも、ブラックは存在します。そうした人たちは、審査で不合格となることもあり得るでしょう。

しかし、会社を辞めて独立したりすると、少々状況は違います。いわゆる起業するというものです。個人事業主なり株式会社なり、様々な独立の形がありますが、その形にせよ、消費者金融からお金を借りる際には、審査が細かくなることを覚悟しておかなければなりません。

なぜでしょうか。

お金を貸す側の立場になって考えてみましょう。消費者金融は、お金を返済してくれる際に生じる金利を売り上げとしています。金利が入らなければ、ただのボランティアです。よって、将来にわたり安定した収入を約束されている人に、優先的に融資をします。

独立したばかり、というのでは、将来の安定収入が未知数です。消費者金融側にとってみれば、かなりのリスクを背負うことになるでしょう。

ただし、あきらめないでください。もし十分な返済が可能というならば、ネットで機械的に申し込むのではなく、窓口に行って状況をきちんと説明するのです。起業したばかりとはいっても、前職の顧客をそのまま引き継いでいる人もいます。あるいは、前職場自体が顧客となってくれる場合もあります。各種状況によって、今後の安定収入が約束された独立である場合もあるのです。
(⇒様々な職業で働いている方におすすめ消費者金融

もしそうした状況であれば、きちんと状況を説明しましょう。説明なくしてネットから申し込みをしてしまうと、機械的にはじかれてしまう可能性があります。十分な返済能力があると認められる人を、みすみす見逃すことはしません。相手も商売なのですから。

なお、カードローンの使途は自由とされていますが、独立のための費用、すなわち事業性を帯びた費用にカードローンの借入金を充当することは禁止されています。注意してください。