消費者金融では書類を提出する必要があると思いますが、ちょっとわからないことがあります。それは収入照明のことについてなのですが、必ず必要になるのでしょうか。まだ用意していないのですが、用意しておいたほうがいいでしょうか。

消費者金融では収入証明が必要になることもある

どこの消費者金融を利用するかわかりませんが、必要になる場合もあるのです。必ず提出しなくてはいけない、というわけではないのですが心配なら用意しておいてみては?必要になるかもしれませんからね。必要な書類はWEB上の公式サイトにも詳しく書いてあるのでもう一度よく確認をするようにしましょう。

消費者金融でお金を借り入れるときに収入証明が必要になるときは、一定の額の借り入れをするとき。またはほかの会社からの借り入れも合わせて一定の額になるとき。となっています。あなたのお金の借り入れ状況はよくわかりませんが、借り入れがあるのであれば確認しておきましょう。今どのくらいお金の借りているのか、確認して自分でよく知って管理しておくことも大切です。

消費者金融には、それぞれ公式サイトがあることが多く、そこでよくある質問やQ&Aといったコーナーがあることが多いです。そこに必要な書類についても書いてあることがあるので一度アクセスして確認してみるといいですよ。あとはカードローンやクレジットカードといったキャッシングについての詳細ページにも載っています。

必要な書類はいくつかあるようですが、収入証明は必ず提出しなければいけないというわけではない様子。用意しておけば必要になった時に困らないし、消費者金融で素早くお金を借りることができます。

【参考ページはこちら】
消費者金融での申込み方法についてもっと詳しく!

消費者金融で借り入れ契約する際に必要な収入証明とは

日常生活における思いがけない出費に見舞われた時、それに対応するだけのお金の余裕がなければ消費者金融の借り入れサービスを活用すると良いでしょう。これを用いれば手軽に契約が行えて、なおかつスピーディーに融資を受けることができるので、今日は明日にでもお金が必要な場合にも充分余裕を持って対応することができるはずです。

また、保証人や担保を必要とすることなく、すべて自己責任のもとで契約できるのも嬉しいところと言えるでしょう。

こうした消費者金融の借り入れサービスにはカードローンやキャッシングといった手法があります。それぞれに全く異なる特徴を持っており、カードローンは個人カードを発行して持ち歩くことによってお金が必要になればATMから迅速に借り入れが行えて、キャッシングでは借り入れ申請に合わせて銀行振り込みにて融資が実施されることとなります。

なお、これらの借り入れを行うにはまず、然るべき申し込みを行わねばなりません。それぞれに店舗窓口、インターネット、電話、ファックス、郵送、自動契約機などで申し込む方法がありますが、およそ全てに共通しているのは申請フォームに氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを記載した上で、本人確認の書類および収入証明書を提示する必要があるということです。

この時の収入証明としては、源泉徴収票や給与明細、確定申告書、所得税通知書などがこれにあたります。こうした書類によって申請フォームに記載した年収を証明することで、カードローンの融資限度額などを設定する際にもとても重要な役割を果たしますので注意が必要です。

というのも、消費者金融における借り入れでは申請者の年収の3分の1にあたる金額を融資上限としており、それ以上のお金を借り入れることはできません。これは貸金業法の総量規制という決まり事にて明記されていることで、これを冒してしまうと消費者金融は法律違反を犯したこととなって罰せられます。

これは消費者が自身の年収に見合った無理の無い借り入れを行うためにも欠かせない事柄であり、そのためにも収入証明にてきちんと年収額を確認した上で最終的な融資の具体的な判断がくだされることとなっているのです。