消費者金融を利用したことがないのですが、融資額は年収に関係しているの?年収が低かったら融資額も低くなったりするのでしょうか。自分の年収でどのくらい融資できるのか知りたいです。

消費者金融の融資額と年収の関係について

消費者金融で融資する場合は、確かに利用する人の年収がかかわってきますね。低ければ、低く設定されてしまうこともある。年収がかかわってくるので、消費者金融での融資額は人それぞれ違う、ということになりますね。融資額は、自分で希望の額を入力することができるけど、希望の額をそのまま融資してもらえない、ということもあります。

消費者金融での融資額、限度額というものがあるのですが、これは消費者金融が決めるので審査を受けてみないとどれくらいの額に設定されるのかわかりません。希望の額よりも少なかったり、予想以上に多くなるということもあるかもしれません。あと消費者金融には総量規制というものがあります。

これも自分の年収がかかわっていて、結構重要。総量規制は年収の3分の1を超える融資はできない、というものになっていて年収の3分の1を融資してもらうことはできないので注意しましょうね。こう見ていると、融資するときには結構自分の収入がかかわってきますね。契約できたとして、どのくらい融資してもらえるかわかりませんが、最初は限度額が低く設定されることが多いです。

借入して頑張って返済していれば限度額は後で変更することもできるので、低くてもがっかりすることはないのです。消費者金融で融資する場合には、自分の年収もかかわってくるのでチェックしておくようにしましょう。申し込みをするときに年収などを入力する機会があるかもしれませんが、うそを入力しないで正確な情報を入力するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
どうしても借りたい!年収ごまかして消費者金融に申込める?

レイクは消費者金融融資年収3分の1以上の金額を借り入れ可能

消費者金融のキャッシングは、難しい手続きをすることなく融資が受けられる便利なサービスと言えると思います。

消費者金融のキャッシングを使ってお金を借入れるときの注意点は、年収の3分の1までしか融資を受けられないという点です。

法律によって過剰な貸し付けが制限されていますので、消費者金融融資年収の3分の1の範囲内までという総量規制が適用されています。

消費者金融業者のキャッシングでは総量規制の適用対象となりますが、銀行系のカードローンを利用することで年収の3分の1以上の金額を借入れることが可能です。

消費者金融融資年収3分の1以上のお金を借り入れたいときには、新生銀行カードローンのレイクがおすすめです。

レイクは大手銀行である新生銀行が行っているカードローンのサービスですので、総量規制の適用対象外のサービスとなります。
(⇒レイクは消費者金融じゃないってホント?

レイクのカードローンは使用の用途に制限はなく、自由な目的のために融資を受けることができるカードローンですので、他の金融業者から借り入れているときの借り換え目的に融資を受けることや、複数の金融業者をひとつにまとめるために借入れることが認められています。

レイクの金利は年率で4.5%~8%ですので、低い金利でお金を借入れることができますので、高い金利の金融業者から借り換えることもおすすめです。

また、初めてレイクを利用する人の場合には、30日間の無利息サービスと、180日間の5万円分の無利息サービスのいずれかのサービスを受けることができますので、金利分を支払うことなくレイクのカードローンを使えてお得です。

申し込みをする前に融資を受けることができるかどうか知りたい人向けのサービスとして、お借入れ診断を受けることができます。

レイクのホームページにあるお借入れ診断を使って、生年月日や年収などの項目を入力することで仮審査の結果を教えてもらえます。

あらかじめ仮審査を受けておいて融資が可能という診断結果が出たときは、安心して借入れの申し込みをすることができると言って良いでしょう。