今18歳で大学に通っています。消費者金融で借り入れをしたいのですが、年齢制限が20歳以上と聞いたので、未成年でも借り入れができる業者があれば知りたいです。

消費者金融でも学生ローン専門店での借り入れが可能です

消費者金融でも学生ローン専門店での借り入れが可能です。ただ18歳でも必ず高校生以外の学生が対象になります。また通常の借り入れとは別枠になるので、金利も高く融資金額の上限も50万円までのところがほとんどです。アルバイトでも定期的な収入があることが重要ですが、他社から多額の借り入れがあったり、キャッシュカードなどで支払いが滞っていたりすると、審査に落ちる可能性があります。
(⇒消費者金融を利用している職業はどんな人?

また即日審査・即日融資が可能なところも多く、会員になれば学業を終えても低い金利で借り入れを続けることができるという利便性もあります。ただ学生ローン専門店と言っても貸金業に変わりはないので、返済はしっかり行っていかなければなりません。借り入れをする際には必ず返済シュミレーションを行いましょう。

もし3ヶ月以上滞納すると、長期延滞者として、信用情報機関に登録されてしまいますので、返済ができなくて困った時には、貸金業協会の相談窓口に連絡することをお勧めします。また多重債務などの問題を解決するためのカウンセリングや家計管理診断によって、お金の健全な管理の仕方の指導を受ける事ができます。

貸金業者の中にはヤミ金のような悪質業者も多く存在するので、必ず借り入れをする際には、貸金業登録番号を確認するようにしましょう。番号を偽っていることもあるので、貸金業協会のホームページにある悪質業者の検索システムを利用することをお勧めします。

【参考ページはこちら】
アルバイトでも安心?広島の消費者金融

未成年の消費者金融の借り方はどのようなものか解説

消費者金融は安定した収入がなければ利用できないため、社会人が利用するものという印象がありますが、未成年の学生などでも利用できるケースがあります。未成年の消費者金融の借り方としては、次のような条件を満たす必要があります。

まず、一般的には消費者金融が利用可能な年齢は20歳以上であるため未成年では利用は難しくなります。しかし、絶対に利用できないわけではなく、親の同意を得ていれば利用できるところもあります。これは学生専用のキャッシングやカードローンを利用します。

学生専用のキャッシングなどを利用するには、安定した収入が必要になります。これはアルバイトでも認められますが、あまり勤続期間が短い場合には安定しているとは認められません。消費者金融を利用するためにアルバイトを開始したような場合、即座に利用することは難しいです。

また、親元を離れて仕送りを受けている場合、一見安定した収入があるように見えますが、これは本人の収入ではないため、安定した収入として認められることはほぼありません。収入として仕送りを提示するしかないようなケースではアルバイトを行う余地があるため、最初から消費者金融を頼るのではなく、アルバイトを行ってそれでも足りない場合に利用を検討した方が良いです。

親の同意について、申し込みを行う際に同意書を提出します。この同意書は同意を得ずに自分で書いて提出することもできますが、消費者金融から本当に同意したのか確認の電話があるためばれてしまいます。このようなことをすると虚偽の書類を送ったことで印象が悪くなり、審査に落ちる原因になるので避けます。このことから、親に知られずに利用するのは難しいです。
(⇒なぜ10代だとキャッシングを利用できないの?

審査に通った場合でも未成年者は返済能力が不安定であるため借り入れの上限額が低くされており、10万円のところが多いです。50万円まで借り入れができるところもありますが、収入が低いうちにあまり借り過ぎると返済が困難になるため、本当に必要なときだけ借りるようにします。