消費者金融で借入したしていたことを公庫にバレちゃった場合ってどうなの?

自営業主なら消費者金融での借り入れなんて普通にある話でしょ

消費者金融に借入している事業主なんて山ほどいるわよ。それで公庫にバレたらなんて、公庫も事業があまり上手くいっていない事業主に融資していることが殆どじゃないからしら。親戚の実家も、消費者金融から複数融資を受けていたわ。

結構昔の話だけど、しょうがないじゃない急に銀行が融資をしないってバブルがはじけてそっぽ向いたんだから。今では銀行も借入して欲しくて顧客を探しているみたいだけど、後の祭りよ。返済能力がそれなりにある個人業を無視しちゃったんだから。もう潰れてないわよ。

顧客を失うって痛い話よね。まぁ、終わった話だからいいんだけど。企業するってかなりのエネルギーが必要だから、もうイヤなんだってわたしの親戚のおじさんが言うには。でも、今は金利にも制限があるし、融資についても多重債務に陥らないようにしているから、消費者金融から借入ができるってことは、まだまだ事業に体力があるのね、消費者金融でもそう簡単に融資はしないから。

公庫から借入していて、与信でバレることはないとは思うけど、起業したことある人なら資金調達のために借金はつきものでしょ。むしろ健全に銀行から借入しているとこなんて正直少ないし、公庫にバレたからって事業の立て直しが目的だから仕方ないわよね。公庫自体、事業者を潰さないための支援なんだから、即打ち切りみたいなことはないと思うんだけど。

【参考ページはこちら】
経営者でも消費者金融で借り入れできる?

消費者金融借金が公庫にばれると不利なのか

住宅ローンや各事業での融資を受けなど、個人でも各金融公庫を利用することが増えています。公庫での融資の審査を受ける際に気になるのが消費者金融借金です。

消費者金融と言えば、悪徳業者というレッテルを張っている方が多いようですが以前のように法外な金利で無理に貸出、厳しい取り立てをする場合は無くなっており、一般の金融機関並に適正な金利で貸し出してる会社ばかりです。そのため、公庫でのローン審査時に消費者金融借金がばれるとしても、消費者金融から借りたから問題になることはほとんどないようです。
(⇒消費者金融の金利に関するおすすめ記事はこちら

審査時に借入が問題になるのは借入件数と、借入額です。特に年収に対しての借入金額は法的な制限である、総収入の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限の影響もあり、チェックされます。法的制限は金融公庫には実際には影響せず、消費者金融のみに影響があるのですが、各金融機関や公庫では法律に準拠した審査をすることが多く、借入額が多いと審査では不利になることが多いようです。

審査では借入が多すぎる場合は保証人や担保物件を要求することもありますが、一般的には審査が通らないということになることが多いようです。審査では借入件数もチェックされます。借入額が少なくとも借入件数が一定以上ある場合は審査が通らないようです。

これは、ローンの返済額を考慮しての判断と言われています。借入額が少なくとも、借入件数が多ければ毎月の支払が多すぎるため、新たにローンを追加した際に生活への影響が大きすぎると判断することになるようです。

また、消費や金融からの借入だからということでは無く、あくまでも件数の1つとして判断するようです。借入件数が多い場合はおまとめローンなどを活用して借入件数をまとめ、月の返済を減らすようにすると、各ローンの審査で不利になることが少なくなるようでうs。ろーんは収入と返済のバランスがチェックされますので不利になるようなことは早めに快勝してから審査を受けることが重要です